アナタが選んだキーワード

「地域ブランド」を学べる学科

地域ブランドに関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

学生×社会 共創プロジェクト『Bridge』は、学生が社会(企業、行政、地域、農業者、農業団体等)と共に新しい価値を創造しようとするプロジェクトです。プロジェクト成果の地域ブランド化など、農村地域や食品業界などにおける課題解決に貢献することを目指します。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

学生×社会 共創プロジェクト『Bridge』は、学生が社会(企業、行政、地域、農業者、農業団体等)と共に新しい価値を創造しようとするプロジェクトです。プロジェクト成果の地域ブランド化など、農村地域や食品業界などにおける課題解決に貢献することを目指します。

地域環境科学部

造園科学科

希少なサクラの品種の遺伝子保存も兼ねた古典的かつ最新の手法で新しいサクラを作出する研究や、植木生産地で有名な埼玉県川口市安行について、地形調査とヒヤリング調査で地形的特徴と生産技術を明らかにし,文化的な構造を解明する研究などがあります。

地域環境科学部

造園科学科

希少なサクラの品種の遺伝子保存も兼ねた古典的かつ最新の手法で新しいサクラを作出する研究や、植木生産地で有名な埼玉県川口市安行について、地形調査とヒヤリング調査で地形的特徴と生産技術を明らかにし,文化的な構造を解明する研究などがあります。

地域環境科学部

地域創成科学科

地域創成科学科の4つの研究室は、エコロジストの視点で地域を理解する、ナチュラリストの視点で地域を捉える、エンジニアの視点で地域を守る、デザイナーの視点で地域を発見する、といったそれぞれ4つの視点で地域づくりに貢献する研究を行っています。

地域環境科学部

地域創成科学科

地域創成科学科の4つの研究室は、エコロジストの視点で地域を理解する、ナチュラリストの視点で地域を捉える、エンジニアの視点で地域を守る、デザイナーの視点で地域を発見する、といったそれぞれ4つの視点で地域づくりに貢献する研究を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

網走市の観光資源である能取湖畔のアッケシソウ群生地を、絶滅寸前から再生を支援する研究や、エミューを遺伝的に改良しエミューオイルの生産性向上に進展をもたらす研究などを行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

網走市の観光資源である能取湖畔のアッケシソウ群生地を、絶滅寸前から再生を支援する研究や、エミューを遺伝的に改良しエミューオイルの生産性向上に進展をもたらす研究などを行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

オホーツク沿岸は、5世紀に花開いたオホーツク文化に見られるように人、物、文化が交流する地域で、海の豊かさが具現化したホタテ等の水産資源を有しています。オホーツク沿岸の魅力や価値を高め、活性化するために、私たちは地域の皆様と共同で研究や教育活動を進めています。

生物産業学部

海洋水産学科

オホーツク沿岸は、5世紀に花開いたオホーツク文化に見られるように人、物、文化が交流する地域で、海の豊かさが具現化したホタテ等の水産資源を有しています。オホーツク沿岸の魅力や価値を高め、活性化するために、私たちは地域の皆様と共同で研究や教育活動を進めています。

生物産業学部

食香粧化学科

一流シェフと共に地域課題を「食」で解決する「熊谷喜八道場」や原料作物をつくるところから体験できる「学生ビール」「学生ワイン」、地域資源を活用してその価値を高める「学生コスメ」「学生アロマ」など、商品化を通じて地域に貢献するプロジェクトがあります。

生物産業学部

食香粧化学科

一流シェフと共に地域課題を「食」で解決する「熊谷喜八道場」や原料作物をつくるところから体験できる「学生ビール」「学生ワイン」、地域資源を活用してその価値を高める「学生コスメ」「学生アロマ」など、商品化を通じて地域に貢献するプロジェクトがあります。

生物産業学部

自然資源経営学科

「自然資源経営学実務演習」のプログラムの1つである「農業女子プロジェクト」では、アパレルメーカーとコラボしてワークウェアを開発、販売するなど、地域ブランドを創出し新しい市場を作ることを研究しています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「自然資源経営学実務演習」のプログラムの1つである「農業女子プロジェクト」では、アパレルメーカーとコラボしてワークウェアを開発、販売するなど、地域ブランドを創出し新しい市場を作ることを研究しています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

東日本大震災の被災地では営農が再開し、新しい話題も生まれています。生産者を支えるのは「買う人」の存在。福島の復興を支えるマーケティングの役割を考えます。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

東日本大震災の被災地では営農が再開し、新しい話題も生まれています。生産者を支えるのは「買う人」の存在。福島の復興を支えるマーケティングの役割を考えます。

地域環境科学部

生産環境工学科

水中や土壌中、地積物中の微生物を利用したエネルギー回収と再資源化についての研究や、不足する農地面積の拡大と環境保全を目指した研究などを行っています。これらの研究は日本のみならず、国際社会における地域復興への貢献が期待できます。

地域環境科学部

生産環境工学科

水中や土壌中、地積物中の微生物を利用したエネルギー回収と再資源化についての研究や、不足する農地面積の拡大と環境保全を目指した研究などを行っています。これらの研究は日本のみならず、国際社会における地域復興への貢献が期待できます。

地域環境科学部

森林総合科学科

全国一律ではなく、それぞれの地域の魅力に注目することが強靱な社会を築きます。それぞれの地域に存在する個性的な林産物商品を発掘・開発することを通じて、森林と人間とのより良い関係づくりに寄与しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

全国一律ではなく、それぞれの地域の魅力に注目することが強靱な社会を築きます。それぞれの地域に存在する個性的な林産物商品を発掘・開発することを通じて、森林と人間とのより良い関係づくりに寄与しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll