アナタが選んだキーワード

「気候変動」を学べる学科

気候変動に関する研究をしている学科はこちら

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では、進行する気候変動や人口増加による食糧危機のリスクに対し、国内有数の大規模農業地帯であるオホーツク圏を舞台に挑戦しています。環境に配慮した持続的で食料自給率を支える作物管理体系を創出し、未来の食料生産に貢献することを目指しています。

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では、進行する気候変動や人口増加による食糧危機のリスクに対し、国内有数の大規模農業地帯であるオホーツク圏を舞台に挑戦しています。環境に配慮した持続的で食料自給率を支える作物管理体系を創出し、未来の食料生産に貢献することを目指しています。

地域環境科学部

造園科学科

造園科学科ではアジア4都市を対象に気候変動時代に適応したグリーンインフラの実態と枠組みを解明するプロジェクト研究を行っています。グリーンインフラとは、都市・地域内の物理環境で、庭・公園・緑地帯・街路樹・河川・水路・田園などを含む多機能な緑地のネットワークです。

地域環境科学部

造園科学科

造園科学科ではアジア4都市を対象に気候変動時代に適応したグリーンインフラの実態と枠組みを解明するプロジェクト研究を行っています。グリーンインフラとは、都市・地域内の物理環境で、庭・公園・緑地帯・街路樹・河川・水路・田園などを含む多機能な緑地のネットワークです。

地域環境科学部

森林総合科学科

地球規模での気候変動は、生物多様性の低下、地域社会の崩壊等々、様々なかたちで顕在化しています。水源涵養能、気象緩和作用、土砂災害抑止効果など、多彩な「森林の働き」を考究し、森林利用の社会的な規範を検討すること等を通じて気候変動問題にアプローチします。

地域環境科学部

森林総合科学科

地球規模での気候変動は、生物多様性の低下、地域社会の崩壊等々、様々なかたちで顕在化しています。水源涵養能、気象緩和作用、土砂災害抑止効果など、多彩な「森林の働き」を考究し、森林利用の社会的な規範を検討すること等を通じて気候変動問題にアプローチします。

農学部

動物科学科

今後は家畜も気候変動への適応が必要です。例えば、東南アジアの在来牛は干ばつで少なくなった草(餌)で、水牛は大雨の沼地で生き延びることができます。「動物遺伝学研究室」ではそのような動物たちにの持つ、気候変動に対応可能な有用遺伝子を探索しています。

農学部

動物科学科

今後は家畜も気候変動への適応が必要です。例えば、東南アジアの在来牛は干ばつで少なくなった草(餌)で、水牛は大雨の沼地で生き延びることができます。「動物遺伝学研究室」ではそのような動物たちにの持つ、気候変動に対応可能な有用遺伝子を探索しています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

分子遺伝学を駆使し、植物の有する巧妙な環境応答システム「植物の生きる知恵」を遺伝子レベルで理解し、研究の成果を人類の持続的存続を可能とする新たな農業の基盤技術へと発展させる挑戦を日々行っていく「植物遺伝子工学研究室」などの研究室があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

分子遺伝学を駆使し、植物の有する巧妙な環境応答システム「植物の生きる知恵」を遺伝子レベルで理解し、研究の成果を人類の持続的存続を可能とする新たな農業の基盤技術へと発展させる挑戦を日々行っていく「植物遺伝子工学研究室」などの研究室があります。

地域環境科学部

生産環境工学科

気候変動対策と土壌炭素貯留の検討など自然資源の持続可能な利用を通した地域環境の修復保全を行う研究や、気候変動の影響を評価し適応策について検討しながら、雨などの水の循環と太陽に起因するエネルギーの流れの生態系への影響について研究を行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

気候変動対策と土壌炭素貯留の検討など自然資源の持続可能な利用を通した地域環境の修復保全を行う研究や、気候変動の影響を評価し適応策について検討しながら、雨などの水の循環と太陽に起因するエネルギーの流れの生態系への影響について研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、近年野菜や米などの産地で問題となっている気候変動型の生理障害に対して、土壌肥料学的な軽減対策法の開発に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、近年野菜や米などの産地で問題となっている気候変動型の生理障害に対して、土壌肥料学的な軽減対策法の開発に取り組んでいます。

農学部

農学科

地球温暖化などの環境変化と作物生産に関する研究を進め農耕地や周辺の環境保全をも考慮した持続的作物生産技術の確立を目指す「作物学研究室」や、小麦やイチゴについて高温でも収集量が多く、病気にかかりにくい系統の育成などを行う「植物育種学研究室」などがあります。

農学部

農学科

地球温暖化などの環境変化と作物生産に関する研究を進め農耕地や周辺の環境保全をも考慮した持続的作物生産技術の確立を目指す「作物学研究室」や、小麦やイチゴについて高温でも収集量が多く、病気にかかりにくい系統の育成などを行う「植物育種学研究室」などがあります。

生物産業学部

海洋水産学科

気候変動は海の生態系と生物に大きな影響を与えます。「水圏生態学研究室」では、生物へ影響する仕組みの解明に取り組み、「水産増殖学研究室」では、減ってしまった魚介類の効率的な守り方や増やし方、資源管理の方法を模索しています。私達は持続可能な漁業の発展に貢献します。

生物産業学部

海洋水産学科

気候変動は海の生態系と生物に大きな影響を与えます。「水圏生態学研究室」では、生物へ影響する仕組みの解明に取り組み、「水産増殖学研究室」では、減ってしまった魚介類の効率的な守り方や増やし方、資源管理の方法を模索しています。私達は持続可能な漁業の発展に貢献します。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll