アナタが選んだキーワード

「いい香り」を学べる学科

いい香りに関する研究をしている学科はこちら

農学部

デザイン農学科

昆虫の触角を利用した「匂いセンサ」による危機管理方法の研究など、昆虫の持つ機能の応用に関する研究を多く行っています。

農学部

デザイン農学科

昆虫の触角を利用した「匂いセンサ」による危機管理方法の研究など、昆虫の持つ機能の応用に関する研究を多く行っています。

応用生物学部

農芸化学科

いい香りをもつものや特異な生物活性を有するものなど、さまざまな有機化合物が知られています。「生物有機化学研究室」では、そのような生物活性物質を創り出す有機合成化学的研究を行っています。(編集中)

応用生物学部

農芸化学科

いい香りをもつものや特異な生物活性を有するものなど、さまざまな有機化合物が知られています。「生物有機化学研究室」では、そのような生物活性物質を創り出す有機合成化学的研究を行っています。(編集中)

生命科学部

バイオサイエンス学科

人は匂いをかぎ分けますが、微生物、植物なども「匂い」にあたる物質を出したり受け取ったりすることで、生きるためのコミュニケーションをおこなっています。「機能性分子解析学研究室」ではこのような物質の探索と、遺伝子レベルでの作用メカニズムを解析しています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

人は匂いをかぎ分けますが、微生物、植物なども「匂い」にあたる物質を出したり受け取ったりすることで、生きるためのコミュニケーションをおこなっています。「機能性分子解析学研究室」ではこのような物質の探索と、遺伝子レベルでの作用メカニズムを解析しています。

応用生物学部

醸造科学科

「調味食品科学研究室」ではヒトが発酵食品を味わう分子構造の解明にも取り組んでおり、その1つとして香り成分の味覚受容体への影響を研究しています。

応用生物学部

醸造科学科

「調味食品科学研究室」ではヒトが発酵食品を味わう分子構造の解明にも取り組んでおり、その1つとして香り成分の味覚受容体への影響を研究しています。

生物産業学部

北方圏農学科

ホップはビールに苦みと芳香を与える原料の一つ。香りは「ルプリン」という金色の粒(表皮の一形態)に貯蔵されています。「植物生産科学研究室」ではホップが様々な香り成分を生産する仕組みを研究しています。ザゼンソウの悪臭成分を解明したのもこの研究室の成果です。

生物産業学部

北方圏農学科

ホップはビールに苦みと芳香を与える原料の一つ。香りは「ルプリン」という金色の粒(表皮の一形態)に貯蔵されています。「植物生産科学研究室」ではホップが様々な香り成分を生産する仕組みを研究しています。ザゼンソウの悪臭成分を解明したのもこの研究室の成果です。

生物産業学部

食香粧化学科

「香料化学」の講義では、香料成分の化学構造、生合成、香りの特徴を理解し、多角的に学びます。また「香りの化学研究室」では、人間の嗅覚と分析装置を駆使し、様々な「香り」の化学的組成や機能を解明して新たな「香り」の世界を探求しています。

生物産業学部

食香粧化学科

「香料化学」の講義では、香料成分の化学構造、生合成、香りの特徴を理解し、多角的に学びます。また「香りの化学研究室」では、人間の嗅覚と分析装置を駆使し、様々な「香り」の化学的組成や機能を解明して新たな「香り」の世界を探求しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

「ストレス社会」といわれる現在の社会において、森林がもつアメニティー効果も注目されています。森林の放つ香りも、人々の緊張を緩和し、抵抗力を高めます。また、木材の芳香成分を抽出し、日常生活の中で利用しやすいかたちで提供することなども価値を認められています。

地域環境科学部

森林総合科学科

「ストレス社会」といわれる現在の社会において、森林がもつアメニティー効果も注目されています。森林の放つ香りも、人々の緊張を緩和し、抵抗力を高めます。また、木材の芳香成分を抽出し、日常生活の中で利用しやすいかたちで提供することなども価値を認められています。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では、生物活性物質に関する研究の一環として、植物などが作っている香りの素となる化合物の構造解明や、少し構造を変化させた化合物の合成により、新しい香料の開発への応用なども行っています。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では、生物活性物質に関する研究の一環として、植物などが作っている香りの素となる化合物の構造解明や、少し構造を変化させた化合物の合成により、新しい香料の開発への応用なども行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll