アナタが選んだキーワード

「穀物」を学べる学科

穀物に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

農芸化学科

根粒の窒素固定と根からの吸収窒素の両立によるダイズの高品質多収栽培や、大豆が肝臓脂質代謝に及ぼす影響とその分子メカニズムの解明、コメ胚乳に内在する酵素と米飯食味との関連性の解明などの研究を行う研究室があります。

応用生物学部

農芸化学科

根粒の窒素固定と根からの吸収窒素の両立によるダイズの高品質多収栽培や、大豆が肝臓脂質代謝に及ぼす影響とその分子メカニズムの解明、コメ胚乳に内在する酵素と米飯食味との関連性の解明などの研究を行う研究室があります。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」では、主にイネ、ヤムイモ、カムカムなどを対象に、熱帯・亜熱帯地域の有用植物資源の探索・収集、評価、繁殖、保全に関する研究や環境保全型の持続的作物生産技術の開発をめざしています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」では、主にイネ、ヤムイモ、カムカムなどを対象に、熱帯・亜熱帯地域の有用植物資源の探索・収集、評価、繁殖、保全に関する研究や環境保全型の持続的作物生産技術の開発をめざしています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

脳で神経伝達物質になる成分「L-ドーバー」を多く含む豆(ムクナ)に着目し、認知症やパーキンソン病に効果がある機能性食品の製品化を目指しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

脳で神経伝達物質になる成分「L-ドーバー」を多く含む豆(ムクナ)に着目し、認知症やパーキンソン病に効果がある機能性食品の製品化を目指しています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

食料環境経済学科の教員が多く参加する農林水産省とのプロジェクト研究では、安定的な穀物の調達に向けて企業行動と国際需給を研究しています。特に、北米や日本での商社や畜産など穀物実需産業まで含む穀物フードチェーンが研究対象で、特別講義でも内容を聴講できます。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

食料環境経済学科の教員が多く参加する農林水産省とのプロジェクト研究では、安定的な穀物の調達に向けて企業行動と国際需給を研究しています。特に、北米や日本での商社や畜産など穀物実需産業まで含む穀物フードチェーンが研究対象で、特別講義でも内容を聴講できます。

応用生物学部

食品安全健康学科

大豆イソフラボンと難消化性オリゴ糖の併用摂取はカルシウム吸収およびイソフラボン代謝産物エクオールの産生量を増加させ、骨密度低下を抑制するという研究成果があります。

応用生物学部

食品安全健康学科

大豆イソフラボンと難消化性オリゴ糖の併用摂取はカルシウム吸収およびイソフラボン代謝産物エクオールの産生量を増加させ、骨密度低下を抑制するという研究成果があります。

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では国内でも有数の大規模農業の最前線であるオホーツク圏で、小麦、大麦などの穀物を生産する農業現場で直面している課題に向き合い、品種の特性を研究した上で新しい栽培技術の開発を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では国内でも有数の大規模農業の最前線であるオホーツク圏で、小麦、大麦などの穀物を生産する農業現場で直面している課題に向き合い、品種の特性を研究した上で新しい栽培技術の開発を行っています。

農学部

農学科

「作物学研究室」ではイネ、コムギ、ダイズなどの食用作物、チャや薬用植物などの工芸作物、家畜のエサとなる飼料作物の生理・生態的特性を明らかにし、安定生産と生産物の安全性、品質向上を目指して研究を行っています。

農学部

農学科

「作物学研究室」ではイネ、コムギ、ダイズなどの食用作物、チャや薬用植物などの工芸作物、家畜のエサとなる飼料作物の生理・生態的特性を明らかにし、安定生産と生産物の安全性、品質向上を目指して研究を行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll