アナタが選んだキーワード

「海外」を学べる学科

海外に関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

国際バイオビジネス学科には、東南アジアを中心とした国々と国際貢献を目的とした国際共同プロジェクト・研究や、多様な文化や宗教を背景とした企業の経営戦略などについて掘り下げた研究など、国内外での農業と食に関して学べる研究室が多くあります。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

国際バイオビジネス学科には、東南アジアを中心とした国々と国際貢献を目的とした国際共同プロジェクト・研究や、多様な文化や宗教を背景とした企業の経営戦略などについて掘り下げた研究など、国内外での農業と食に関して学べる研究室が多くあります。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

授業「フィールドリサーチ」では国内外の研究コースから1つ選択し、現地の公的機関や企業・農家を対象に調査し、報告書を作成することでフィールドリサーチ技能を習得できます。海外のコースはアメリカ・台湾などがあります。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

授業「フィールドリサーチ」では国内外の研究コースから1つ選択し、現地の公的機関や企業・農家を対象に調査し、報告書を作成することでフィールドリサーチ技能を習得できます。海外のコースはアメリカ・台湾などがあります。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、バナナなど、海外で栽培されている植物の病気について、その防除法の開発などを国内外の研究所と共同研究を進めています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、バナナなど、海外で栽培されている植物の病気について、その防除法の開発などを国内外の研究所と共同研究を進めています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

国際食農科学科は、日本の多様な地域が伝統的に育んできた固有の食農文化を、食農教育を通じて継承するとともに、より付加価値の高い農産物等の食材を基にした新たな食農文化を創造し、地域から世界に向けて展開・発信できる人材の育成を目指しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

国際食農科学科は、日本の多様な地域が伝統的に育んできた固有の食農文化を、食農教育を通じて継承するとともに、より付加価値の高い農産物等の食材を基にした新たな食農文化を創造し、地域から世界に向けて展開・発信できる人材の育成を目指しています。

農学部

生物資源開発学科

研究のフィールドは日本国内だけでなく、海外にも及んでいて、マレーシア・ボルネオ島でオランウータンをはじめとする希少動物たちの生態系保全の研究にも取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

研究のフィールドは日本国内だけでなく、海外にも及んでいて、マレーシア・ボルネオ島でオランウータンをはじめとする希少動物たちの生態系保全の研究にも取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国と国との間に大きな経済格差がある現代。国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国と国との間に大きな経済格差がある現代。国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。

生物産業学部

北方圏農学科

日本とロシアの渡り鳥で、生態系の頂点種であるオジロワシやオオワシの生態や個体群の動態を明らかにし、国境を越えた陸・海域の生態系保全を目指す研究を海外研究者と共同で展開しています。最近の成果として、ロシアで送信機を装着してワシ類の渡り経路や生息地を解明しました。

生物産業学部

北方圏農学科

日本とロシアの渡り鳥で、生態系の頂点種であるオジロワシやオオワシの生態や個体群の動態を明らかにし、国境を越えた陸・海域の生態系保全を目指す研究を海外研究者と共同で展開しています。最近の成果として、ロシアで送信機を装着してワシ類の渡り経路や生息地を解明しました。

地域環境科学部

生産環境工学科

地球環境の悪化は、人類の存続をも脅かす問題であり、食料や環境、資源、エネルギーなどの諸問題に対して、「土と水」の機能と文化、及び「農」の多面的意義を原点として、地域から地球へと考えることに重点を置き、人類の生存と発展を支える人材育成を目標としています。

地域環境科学部

生産環境工学科

地球環境の悪化は、人類の存続をも脅かす問題であり、食料や環境、資源、エネルギーなどの諸問題に対して、「土と水」の機能と文化、及び「農」の多面的意義を原点として、地域から地球へと考えることに重点を置き、人類の生存と発展を支える人材育成を目標としています。

地域環境科学部

森林総合科学科

地球温暖化防止や生物多様性の堅持、頻発する異常気象への対応、地域社会の維持等々、極めて多様な側面から森林保全の重要性が叫ばれ、地球規模での取り組みが求められています。バランスのとれた、森林の利用と保全を念頭に、国際的な視野をもって教育と研究とを実施しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

地球温暖化防止や生物多様性の堅持、頻発する異常気象への対応、地域社会の維持等々、極めて多様な側面から森林保全の重要性が叫ばれ、地球規模での取り組みが求められています。バランスのとれた、森林の利用と保全を念頭に、国際的な視野をもって教育と研究とを実施しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll