アナタが選んだキーワード

「生態系」を学べる学科

生態系に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学とは、生命・生態系を化学的に追及する学問です。化学と生物をバランスよく学び知識が統合されることが重要であり、化学を中心に学ぶことで生命・生態系のより高度な理解につながります。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学とは、生命・生態系を化学的に追及する学問です。化学と生物をバランスよく学び知識が統合されることが重要であり、化学を中心に学ぶことで生命・生態系のより高度な理解につながります。

地域環境科学部

生産環境工学科

生態系サービスの良好な発揮のための社会インフラに関わる技術的な課題に取り組む研究や、生態系サービスを取り入れた環境評価手法の構築やドローンを用いた農地・施設の機能診断などを行う研究、野生鳥獣駆除で生態系を管理する研究などを行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

生態系サービスの良好な発揮のための社会インフラに関わる技術的な課題に取り組む研究や、生態系サービスを取り入れた環境評価手法の構築やドローンを用いた農地・施設の機能診断などを行う研究、野生鳥獣駆除で生態系を管理する研究などを行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

農業や畜産業も、地域の自然環境の特色や生態系機能を十分に活かす方策を見出すことで、生産力の向上が期待できるのです。農業や畜産、自然を保全する上で必要な原理原則を理解することを大切にしています。

生物産業学部

北方圏農学科

農業や畜産業も、地域の自然環境の特色や生態系機能を十分に活かす方策を見出すことで、生産力の向上が期待できるのです。農業や畜産、自然を保全する上で必要な原理原則を理解することを大切にしています。

応用生物学部

醸造科学科

環境浄化に運用可能な有用微生物の検索と利用を研究する「微生物工学研究室」や、食品系排水や廃棄物の処理、バイオ水素生産、生分解性プラスチックの生産と分解技術の開発に取り組む「醸造環境科学研究室」などの研究室があります。

応用生物学部

醸造科学科

環境浄化に運用可能な有用微生物の検索と利用を研究する「微生物工学研究室」や、食品系排水や廃棄物の処理、バイオ水素生産、生分解性プラスチックの生産と分解技術の開発に取り組む「醸造環境科学研究室」などの研究室があります。

生命科学部

分子微生物学科

様々な環境中に生息する微生物は、生物圏の維持に必要なプロセスを担っています。そこには複雑な微生物の相互作用があり、時間経過や環境によって変化します。分子微生物学科では、土壌や大気、食品など様々な環境の微生物叢を解析し、微生物の生理生態の理解を目指しています。

生命科学部

分子微生物学科

様々な環境中に生息する微生物は、生物圏の維持に必要なプロセスを担っています。そこには複雑な微生物の相互作用があり、時間経過や環境によって変化します。分子微生物学科では、土壌や大気、食品など様々な環境の微生物叢を解析し、微生物の生理生態の理解を目指しています。

地域環境科学部

造園科学科

みどりと人の関係を考える「造園植物・樹芸学研究室」や「緑化植栽学研究室」を中心に造園植物の特性や役割等を生物学的視点から究明し、植物の生態系だけでなく都市の生態系や地域の生態系などについて考えます。

地域環境科学部

造園科学科

みどりと人の関係を考える「造園植物・樹芸学研究室」や「緑化植栽学研究室」を中心に造園植物の特性や役割等を生物学的視点から究明し、植物の生態系だけでなく都市の生態系や地域の生態系などについて考えます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林生態系は、一次生産者の植物と生息する多様な動物や微生物によって構成される生物群集が、周囲の無機的環境と相互に作用して物質・エネルギーを循環させているシステムです。フィールド調査や室内実験から、森林生態系の仕組みや生物、機能を発揮する森の作り方を追求します。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林生態系は、一次生産者の植物と生息する多様な動物や微生物によって構成される生物群集が、周囲の無機的環境と相互に作用して物質・エネルギーを循環させているシステムです。フィールド調査や室内実験から、森林生態系の仕組みや生物、機能を発揮する森の作り方を追求します。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」は、これまで学生の共同研究テーマとして生態系保全問題を数多く取り上げています。例えば、世界遺産となっている白神山地や沖縄やんばる地域の自然や、琵琶湖の外来種問題などを調査対象として、共同研究をしてきました。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」は、これまで学生の共同研究テーマとして生態系保全問題を数多く取り上げています。例えば、世界遺産となっている白神山地や沖縄やんばる地域の自然や、琵琶湖の外来種問題などを調査対象として、共同研究をしてきました。

農学部

農学科

生態系に調和した持続可能な次世代型の農業生産に関する研究に取り組んでいます。

農学部

農学科

生態系に調和した持続可能な次世代型の農業生産に関する研究に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、食料生産の基盤のみならず、地球生態系のサブシステムとして独自の環境調節機能を発揮している土壌について研究しています。「植物生産化学研究室」では、様々な作物品種がどのような生態的地位に適応しているのかを調べています。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、食料生産の基盤のみならず、地球生態系のサブシステムとして独自の環境調節機能を発揮している土壌について研究しています。「植物生産化学研究室」では、様々な作物品種がどのような生態的地位に適応しているのかを調べています。

農学部

生物資源開発学科

研究のフィールドは日本国内だけでなく、海外にも及んでいて、マレーシア・ボルネオ島でオランウータンをはじめとする希少動物たちの生態系保全の研究にも取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

研究のフィールドは日本国内だけでなく、海外にも及んでいて、マレーシア・ボルネオ島でオランウータンをはじめとする希少動物たちの生態系保全の研究にも取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

雑菌や害虫の繁殖を抑えたり、キノコ、ハチミツ、ジビエなどの自然の恵みをもたらしたりといった圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的をした研究や、生態系に関する課題への対策と生態系サービスへの理解に関わる調査・研究などを行う研究室があります。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

雑菌や害虫の繁殖を抑えたり、キノコ、ハチミツ、ジビエなどの自然の恵みをもたらしたりといった圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的をした研究や、生態系に関する課題への対策と生態系サービスへの理解に関わる調査・研究などを行う研究室があります。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏共生分野」では、海洋生態系の基盤である植物プランクトンからアザラシなどの高次捕食者まで、オホーツク水圏の生態系の仕組みを探っています。オホーツク海の豊かさの源そして食物連鎖を通して豊かさがどのように構築されているかを、さまざまな視点から研究しています。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏共生分野」では、海洋生態系の基盤である植物プランクトンからアザラシなどの高次捕食者まで、オホーツク水圏の生態系の仕組みを探っています。オホーツク海の豊かさの源そして食物連鎖を通して豊かさがどのように構築されているかを、さまざまな視点から研究しています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「水圏環境保全学」の授業では、生態系から享受している恩恵を持続的可能なものにするために、海洋や陸水環境の保全について学んでいます。

生物産業学部

自然資源経営学科

「水圏環境保全学」の授業では、生態系から享受している恩恵を持続的可能なものにするために、海洋や陸水環境の保全について学んでいます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll