アナタが選んだキーワード

「スマート農業」を学べる学科

スマート農業に関する研究をしている学科はこちら

農学部

農学科

「園芸学研究室」では、各種野菜の発芽、生長、花芽分化、果実発達、養分吸収などについての特性やメカニズムを明らかにし、LED・農業資材・植物ホルモンを用いた生育・開花を制御する栽培技術の開発をしています。

農学部

農学科

「園芸学研究室」では、各種野菜の発芽、生長、花芽分化、果実発達、養分吸収などについての特性やメカニズムを明らかにし、LED・農業資材・植物ホルモンを用いた生育・開花を制御する栽培技術の開発をしています。

地域環境科学部

生産環境工学科

ドローンや衛星画像・地理情報を駆使し、環境モニタリングに貢献する技術を開発する「広域環境情報学研究室」や、AIやロボティクスを中心にスマート農業やアグリテックに挑戦する「バイオロボティクス研究室」などがあります。

地域環境科学部

生産環境工学科

ドローンや衛星画像・地理情報を駆使し、環境モニタリングに貢献する技術を開発する「広域環境情報学研究室」や、AIやロボティクスを中心にスマート農業やアグリテックに挑戦する「バイオロボティクス研究室」などがあります。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「農業経済研究室」では、新しい技術の発展や社会経済環境の変化に対応した「次の農業」を研究し、持続可能で幸せな「食の世界」を創造します。①農業システム②人材マネジメント③新規就農や経営継承、企業参入の視点から新しい農業を創る人材育成とマネジメントを考えます。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「農業経済研究室」では、新しい技術の発展や社会経済環境の変化に対応した「次の農業」を研究し、持続可能で幸せな「食の世界」を創造します。①農業システム②人材マネジメント③新規就農や経営継承、企業参入の視点から新しい農業を創る人材育成とマネジメントを考えます。

生物産業学部

北方圏農学科

労働力を補うべく発展しつつあるのがスマート農業であり、高齢化する農業従事者の援助、作業の自動化(自動操舵・スマホでの栽培管理)、データの活用(各種データをAI解析により生育や病害虫を予測)があります。北農では一年時に自動操舵のトラクターに体験試乗しています。

生物産業学部

北方圏農学科

労働力を補うべく発展しつつあるのがスマート農業であり、高齢化する農業従事者の援助、作業の自動化(自動操舵・スマホでの栽培管理)、データの活用(各種データをAI解析により生育や病害虫を予測)があります。北農では一年時に自動操舵のトラクターに体験試乗しています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営情報研究室」では、センサーネットワークなどの情報収集技術の研究やGISを活用した農林水産業の経営分析、これらを活用した新たな事業ビジネスモデルの構築などを進め、意思決定や経営戦略支援に関する比較研究や人工知能(AI)などの応用に関する研究を行っています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営情報研究室」では、センサーネットワークなどの情報収集技術の研究やGISを活用した農林水産業の経営分析、これらを活用した新たな事業ビジネスモデルの構築などを進め、意思決定や経営戦略支援に関する比較研究や人工知能(AI)などの応用に関する研究を行っています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、自然環境の保全と利用を両立するマネジメント手法を探求するとともに、農業ICT技術を通して高度情報化社会における地域産業の発展に貢献しています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、自然環境の保全と利用を両立するマネジメント手法を探求するとともに、農業ICT技術を通して高度情報化社会における地域産業の発展に貢献しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「農地保全学」では,持続的な農業の実現に必要不可欠な知識である世界、国内の食料、農地の問題について理解することからはじめ、農地の継続的な利用を実現するための最先端の技術である農地の大区画化やスマート農業についての取り組みも学びます。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「農地保全学」では,持続的な農業の実現に必要不可欠な知識である世界、国内の食料、農地の問題について理解することからはじめ、農地の継続的な利用を実現するための最先端の技術である農地の大区画化やスマート農業についての取り組みも学びます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の管理と利用には、伝統的な知恵や技術に最新の知恵と技術とを組み合わせることが必要です。ワイズ・ユーズ(賢明な利用)という考え方に基づき、新たな農林業の姿を模索し続けています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の管理と利用には、伝統的な知恵や技術に最新の知恵と技術とを組み合わせることが必要です。ワイズ・ユーズ(賢明な利用)という考え方に基づき、新たな農林業の姿を模索し続けています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll