アナタが選んだキーワード

「環境保全」を学べる学科

環境保全に関する研究をしている学科はこちら

地域環境科学部

地域創成科学科

地域における産業・社会の再生と、自然の再生は表裏一体です。地域創成科学科は、伝統的な文化や知恵に最新の技術を融合させ、持続可能な土地利用の構築、地域づくりの実践に貢献することとテーマとしています。

地域環境科学部

地域創成科学科

地域における産業・社会の再生と、自然の再生は表裏一体です。地域創成科学科は、伝統的な文化や知恵に最新の技術を融合させ、持続可能な土地利用の構築、地域づくりの実践に貢献することとテーマとしています。

農学部

生物資源開発学科

生物資源、生物多様性、環境保全などの分野で活躍している著名な方を講師として招き、ご自身の研究成果や実績をわかりやすく紹介いただく特別講義を「シリーズ:資源の森」と題し行っています。

農学部

生物資源開発学科

生物資源、生物多様性、環境保全などの分野で活躍している著名な方を講師として招き、ご自身の研究成果や実績をわかりやすく紹介いただく特別講義を「シリーズ:資源の森」と題し行っています。

生物産業学部

自然資源経営学科

自然資源経営学科には、自然環境の保全と利用を両立するマネジメント手法を探求したり、時代のニーズに即した環境に配慮した新たな地域産業ビジネスを学んだり、生物資源の保全と地域産業の共生による地域創生を学べる研究室があります。

生物産業学部

自然資源経営学科

自然資源経営学科には、自然環境の保全と利用を両立するマネジメント手法を探求したり、時代のニーズに即した環境に配慮した新たな地域産業ビジネスを学んだり、生物資源の保全と地域産業の共生による地域創生を学べる研究室があります。

地域環境科学部

生産環境工学科

「エコ・テクで生物生産を支援する」をテーマに、農業土木と農業機械の技術を応用し省資源、省エネルギーおよびリサイクル技術などを導入し自然と共生する循環型社会を創造し地球規模の環境保全を実現するための新しい試みを展開できる教育・研究を実施しています。

地域環境科学部

生産環境工学科

「エコ・テクで生物生産を支援する」をテーマに、農業土木と農業機械の技術を応用し省資源、省エネルギーおよびリサイクル技術などを導入し自然と共生する循環型社会を創造し地球規模の環境保全を実現するための新しい試みを展開できる教育・研究を実施しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

環境を保全するためには、その環境を構成する要素を把握すること、それぞれの構成要素の相互作用を解明すること、破壊や荒廃の仕組みを知ること、保全に必要なスキルを身につけ実行すること等々、さまざまなアプローチが必要です。森林環境を中心に、それらに取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

環境を保全するためには、その環境を構成する要素を把握すること、それぞれの構成要素の相互作用を解明すること、破壊や荒廃の仕組みを知ること、保全に必要なスキルを身につけ実行すること等々、さまざまなアプローチが必要です。森林環境を中心に、それらに取り組んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

北方圏農学科では「植物生産」「動物生産」「生物資源保全」を軸とした研究を行っています。北方圏の農業がどのように成り立ち、自然の生態系とどう関わっているのかなど、農業や畜産、自然を保全する上で必要な原理原則を理解することを大切にしています。

生物産業学部

北方圏農学科

北方圏農学科では「植物生産」「動物生産」「生物資源保全」を軸とした研究を行っています。北方圏の農業がどのように成り立ち、自然の生態系とどう関わっているのかなど、農業や畜産、自然を保全する上で必要な原理原則を理解することを大切にしています。

応用生物学部

醸造科学科

環境浄化に運用可能な有用微生物の検索と利用を研究する「微生物工学研究室」や、食品系排水や廃棄物の処理、バイオ水素生産、生分解性プラスチックの生産と分解技術の開発に取り組む「醸造環境科学研究室」などの研究室があります。

応用生物学部

醸造科学科

環境浄化に運用可能な有用微生物の検索と利用を研究する「微生物工学研究室」や、食品系排水や廃棄物の処理、バイオ水素生産、生分解性プラスチックの生産と分解技術の開発に取り組む「醸造環境科学研究室」などの研究室があります。

生物産業学部

海洋水産学科

環境保全は生態系の自然環境と生息する生物、その生態系サービスを受ける人間活動がどのような調和をとるか模索する中で実行されていきます。ここには日本の環境保全活動を半世紀にわたりリードしてきた世界自然遺産知床半島をはじめ、その実践を学ぶ先進的な素材があります。

生物産業学部

海洋水産学科

環境保全は生態系の自然環境と生息する生物、その生態系サービスを受ける人間活動がどのような調和をとるか模索する中で実行されていきます。ここには日本の環境保全活動を半世紀にわたりリードしてきた世界自然遺産知床半島をはじめ、その実践を学ぶ先進的な素材があります。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、さまざまな産業から排出される未利用資源の適切なリサイクルに関しての研究に取り組み、環境保全の観点から農産物の増産および品質向上に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、さまざまな産業から排出される未利用資源の適切なリサイクルに関しての研究に取り組み、環境保全の観点から農産物の増産および品質向上に取り組んでいます。

農学部

農学科

資源エネルギーを効率的に利用し、様々な環境下でより高品質な農作物を安定的に生産する栽培技術に加え、バイオテクノロジーを活用した品種開発や、植物を病気から守るために有用な微生物や植物を利用する技術などを研究しています。

農学部

農学科

資源エネルギーを効率的に利用し、様々な環境下でより高品質な農作物を安定的に生産する栽培技術に加え、バイオテクノロジーを活用した品種開発や、植物を病気から守るために有用な微生物や植物を利用する技術などを研究しています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、経済学的な手法を用いて、地球温暖化や海洋汚染など世界規模の環境問題から、地域・事業者に関わる廃棄物の有効活用、家庭での食品ロスの削減など、幅広い分野の課題にアプローチし、有効な資源・環境保全政策に資することを目的に研究を行っています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、経済学的な手法を用いて、地球温暖化や海洋汚染など世界規模の環境問題から、地域・事業者に関わる廃棄物の有効活用、家庭での食品ロスの削減など、幅広い分野の課題にアプローチし、有効な資源・環境保全政策に資することを目的に研究を行っています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子が生物の中でどのように働き、生命をコントロールしているのかを日々研究し、人類が抱える食料・医療・環境保全などの問題の解決を目指します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子が生物の中でどのように働き、生命をコントロールしているのかを日々研究し、人類が抱える食料・医療・環境保全などの問題の解決を目指します。

地域環境科学部

造園科学科

学年ごとに講義と演習を並行し専門分野を体系的に学びます。環境保全に取り組む上で必要なエンジニアリング系のカリキュラム、そしてJABEEから認定を受け教育プログラムなど、充実したカリキュラムで鍛えた知識や技術を地域に広く貢献する力にします。

地域環境科学部

造園科学科

学年ごとに講義と演習を並行し専門分野を体系的に学びます。環境保全に取り組む上で必要なエンジニアリング系のカリキュラム、そしてJABEEから認定を受け教育プログラムなど、充実したカリキュラムで鍛えた知識や技術を地域に広く貢献する力にします。

生命科学部

分子微生物学科

分子微生物学科では、絶滅危惧植物の保全に関する研究を通して、環境保全に取り組んでいます。絶滅危惧植物に共生する微生物構造とその生息域の土壌特性を解析することで、その植物にとって生育に良い土壌・微生物環境を発見し、保全に結び付ける研究を行っています。

生命科学部

分子微生物学科

分子微生物学科では、絶滅危惧植物の保全に関する研究を通して、環境保全に取り組んでいます。絶滅危惧植物に共生する微生物構造とその生息域の土壌特性を解析することで、その植物にとって生育に良い土壌・微生物環境を発見し、保全に結び付ける研究を行っています。

農学部

デザイン農学科

講義「サスティナビリティ農学」では、食料、環境、エネルギー、人口など地球上の問題について、「農」を活用し、いかにして「物」だけでなく「心」の面でも豊かな社会をつくるかを考えます。

農学部

デザイン農学科

講義「サスティナビリティ農学」では、食料、環境、エネルギー、人口など地球上の問題について、「農」を活用し、いかにして「物」だけでなく「心」の面でも豊かな社会をつくるかを考えます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。そのため、すべての学生が文系・理系の両方の科目を学びます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。そのため、すべての学生が文系・理系の両方の科目を学びます。

生命科学部

分子生命化学科

「生命高分子化学研究室」では、バイオポリマーの生体や環境中におけるはたらきを探求し、医療用途の生体適合性材料や、生分解性プラスチックなど環境調和型材料への応用展開を進めています。

生命科学部

分子生命化学科

「生命高分子化学研究室」では、バイオポリマーの生体や環境中におけるはたらきを探求し、医療用途の生体適合性材料や、生分解性プラスチックなど環境調和型材料への応用展開を進めています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll