アナタが選んだキーワード

「ゲノム」を学べる学科

ゲノムに関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

食品安全健康学科

私たちの身体を構成する細胞が持つ遺伝情報は、ゲノムと呼ばれるDNA分子の集まりに集約されています。このゲノムに保存されている遺伝情報は、どういった食事をするかという栄養学的な条件により使われ方が変わることが分かっていて、そのメカニズム解明に取り組んでいます。

応用生物学部

食品安全健康学科

私たちの身体を構成する細胞が持つ遺伝情報は、ゲノムと呼ばれるDNA分子の集まりに集約されています。このゲノムに保存されている遺伝情報は、どういった食事をするかという栄養学的な条件により使われ方が変わることが分かっていて、そのメカニズム解明に取り組んでいます。

農学部

動物科学科

動物管理に係る気質、運動能力などを支配する量的形質関連遺伝子について解析し、現状社会の目的に則した遺伝子を選定する「動物遺伝学研究室」や、CRISPR/Cas9を用いたゲノム編集技術を導入して遺伝子改変動物の作製に取り組くむ「動物栄養学研究室」などがあります。

農学部

動物科学科

動物管理に係る気質、運動能力などを支配する量的形質関連遺伝子について解析し、現状社会の目的に則した遺伝子を選定する「動物遺伝学研究室」や、CRISPR/Cas9を用いたゲノム編集技術を導入して遺伝子改変動物の作製に取り組くむ「動物栄養学研究室」などがあります。

応用生物学部

醸造科学科

ゲノム情報に基づき、酢酸菌・乳酸菌・放線菌の細胞内代謝、遺伝子工学、代謝物解析などを駆使した醸造と麹菌の関わりを理解する研究、醸造と麹菌の関わりや新規酵素の開拓に関する研究を進めております。

応用生物学部

醸造科学科

ゲノム情報に基づき、酢酸菌・乳酸菌・放線菌の細胞内代謝、遺伝子工学、代謝物解析などを駆使した醸造と麹菌の関わりを理解する研究、醸造と麹菌の関わりや新規酵素の開拓に関する研究を進めております。

応用生物学部

農芸化学科

動植物のゲノム編集技術に応用されているCRISPR-Casシステムは元々微生物が持つウイルス防御機構の一つです。「応用微生物学研究室」ではCRISPR-Casシステムを細菌に適用し、有用な遺伝子ツールの開発に努めています。

応用生物学部

農芸化学科

動植物のゲノム編集技術に応用されているCRISPR-Casシステムは元々微生物が持つウイルス防御機構の一つです。「応用微生物学研究室」ではCRISPR-Casシステムを細菌に適用し、有用な遺伝子ツールの開発に努めています。

農学部

農学科

植物のゲノム解析を進めて、高品質で高収量の作物の品種などを育成する。実験室で得られた植物の神秘を圃場で実感できる研究に取り組んでいます。

農学部

農学科

植物のゲノム解析を進めて、高品質で高収量の作物の品種などを育成する。実験室で得られた植物の神秘を圃場で実感できる研究に取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する菌類・動物・植物等について、遺伝子レベルの解析を行い、その生息・分布構造を明らかにしたり、育種(品種改良)に役立てる等、幅広く教育と研究に組み込んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する菌類・動物・植物等について、遺伝子レベルの解析を行い、その生息・分布構造を明らかにしたり、育種(品種改良)に役立てる等、幅広く教育と研究に組み込んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

「動物資源開発学研究室」では、モデル動物のゲノム解析によって、ヒトや伴侶動物における病気の発症原因を究明する基礎研究と、エミューなどの新たな有用動物のゲノム情報を活用した遺伝的改良に取り組みます。

生物産業学部

北方圏農学科

「動物資源開発学研究室」では、モデル動物のゲノム解析によって、ヒトや伴侶動物における病気の発症原因を究明する基礎研究と、エミューなどの新たな有用動物のゲノム情報を活用した遺伝的改良に取り組みます。

生命科学部

バイオサイエンス学科

先端的なゲノム操作技術を取り入れた育種システムの開発や、エピゲノム、微生物ならではのゲノム工学や合成生物学的手法を駆使したゲノムデザインなどの研究を行う研究室があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

先端的なゲノム操作技術を取り入れた育種システムの開発や、エピゲノム、微生物ならではのゲノム工学や合成生物学的手法を駆使したゲノムデザインなどの研究を行う研究室があります。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏生産科学研究室」では新たな品種開発を目指した染色体操作や、細胞内に由来の異なるゲノム が存在することで卵・精子の形成プロセスがどのように変化するのかを明らかにするため、様々な技術を使い研究を行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏生産科学研究室」では新たな品種開発を目指した染色体操作や、細胞内に由来の異なるゲノム が存在することで卵・精子の形成プロセスがどのように変化するのかを明らかにするため、様々な技術を使い研究を行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では、私たちの体やそれを構成する細胞と機能性成分との相互作用や、遺伝子・ゲノム解析によって、分子の細胞レベルから「美味しさ」や「美しさ」に迫ります。

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では、私たちの体やそれを構成する細胞と機能性成分との相互作用や、遺伝子・ゲノム解析によって、分子の細胞レベルから「美味しさ」や「美しさ」に迫ります。

農学部

デザイン農学科

ゲノム編集や遺伝子組換えなどの最先端のバイオテクノロジーを利用して、ゲノムレベルで高度に機能がデザインされた有用生物を作出することが可能になっています。講義「バイオテクノロジー論」では、これらの技術の基礎知識から産業利用まで幅広く学びます。

農学部

デザイン農学科

ゲノム編集や遺伝子組換えなどの最先端のバイオテクノロジーを利用して、ゲノムレベルで高度に機能がデザインされた有用生物を作出することが可能になっています。講義「バイオテクノロジー論」では、これらの技術の基礎知識から産業利用まで幅広く学びます。

農学部

生物資源開発学科

ゲノム情報を活用することで、遺伝子組み換え技術に限らず、生物の力を自在に制御し、品種開発を効率化する技術の開発に取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

ゲノム情報を活用することで、遺伝子組み換え技術に限らず、生物の力を自在に制御し、品種開発を効率化する技術の開発に取り組んでいます。

生命科学部

分子微生物学科

分子微生物学科には、生命の設計図であるゲノム情報をバイオインフォマティクス(生命情報科学)を駆使して解析することで、新たな有用微生物や遺伝子の探索、遺伝子の機能解析、微生物の分類・進化の研究、動物・植物と微生物の間の相互作用を解明を研究する研究室があります。

生命科学部

分子微生物学科

分子微生物学科には、生命の設計図であるゲノム情報をバイオインフォマティクス(生命情報科学)を駆使して解析することで、新たな有用微生物や遺伝子の探索、遺伝子の機能解析、微生物の分類・進化の研究、動物・植物と微生物の間の相互作用を解明を研究する研究室があります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll