アナタが選んだキーワード

「農薬」を学べる学科

農薬に関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、化学肥料を抑えても育つ作物の生産技術を開発中です。窒素肥料なしでも育つヤムイモの品種を発見し、アフリカのヤムイモも同性質を持つと考えられ、ナイジェリアの国際熱帯農業研究所と研究を進めています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、化学肥料を抑えても育つ作物の生産技術を開発中です。窒素肥料なしでも育つヤムイモの品種を発見し、アフリカのヤムイモも同性質を持つと考えられ、ナイジェリアの国際熱帯農業研究所と研究を進めています。

地域環境科学部

森林総合科学科

造林用苗木の生産から育林に至る過程で問題となる、松枯れ病やナラ枯れに代表されるような各種の樹病への対策として農薬について考えることも森林総合科学科の範疇です。

地域環境科学部

森林総合科学科

造林用苗木の生産から育林に至る過程で問題となる、松枯れ病やナラ枯れに代表されるような各種の樹病への対策として農薬について考えることも森林総合科学科の範疇です。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品の安全性を考える上で、農薬の残留量、そしてその農薬が身体にどのような影響を与えるのかを明らかにすることは大変、重要です。そこで農薬の毒性評価や残留農薬の量を調べる新しい手法の研究を行っています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品の安全性を考える上で、農薬の残留量、そしてその農薬が身体にどのような影響を与えるのかを明らかにすることは大変、重要です。そこで農薬の毒性評価や残留農薬の量を調べる新しい手法の研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、植物病害を抑制する有用微生物を分離して、その作用メカニズムや有用物質などを解明し、生物農薬として応用することを目指した研究を進めています。「生物有機化学研究室」では、農薬製造技術の基盤となる有機合成化学的研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、植物病害を抑制する有用微生物を分離して、その作用メカニズムや有用物質などを解明し、生物農薬として応用することを目指した研究を進めています。「生物有機化学研究室」では、農薬製造技術の基盤となる有機合成化学的研究を行っています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「機能性分子解析学研究室」では「分子間相互作用の解明から生命現象を理解する」をコンセプトに研究しています。有用な微生物、植物の育種への応用、新規な酵素、農薬といった有用物質の開発を目指します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「機能性分子解析学研究室」では「分子間相互作用の解明から生命現象を理解する」をコンセプトに研究しています。有用な微生物、植物の育種への応用、新規な酵素、農薬といった有用物質の開発を目指します。

農学部

農学科

「植物病理学研究室」では、薬剤耐性菌の対策として、微生物農薬や病害抵抗性台木として活用できる未利用の微生物や植物の探索などにも取り組んでいます。

農学部

農学科

「植物病理学研究室」では、薬剤耐性菌の対策として、微生物農薬や病害抵抗性台木として活用できる未利用の微生物や植物の探索などにも取り組んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では、北海道での大規模な圃場での化学農薬に代わりうる微生物等を活用した生物防除や有機質資材の活用による耕種的防除法による環境に配慮した持続的な植物病害の防除法の開発を生産者と共に行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「作物生産管理学研究室」では、北海道での大規模な圃場での化学農薬に代わりうる微生物等を活用した生物防除や有機質資材の活用による耕種的防除法による環境に配慮した持続的な植物病害の防除法の開発を生産者と共に行っています。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では生命現象の鍵となるさまざまな物質(生物活性物質)を研究対象としています。例えば農薬や動物薬を標的タンパク質の構造を基にデザインしたり、化学的に合成するなど、医療や農業に関わる研究も行われています。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では生命現象の鍵となるさまざまな物質(生物活性物質)を研究対象としています。例えば農薬や動物薬を標的タンパク質の構造を基にデザインしたり、化学的に合成するなど、医療や農業に関わる研究も行われています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll