アナタが選んだキーワード

「癌」を学べる学科

癌に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

分子生命化学科

天然の抗がん物質や抗生物質の構造を分析機器やコンピュータシュミレーションを駆使して調べるほか、病気の根源となる分子を標的にした副作用のない新しい薬剤を設計し、化学的に合成しています。

生命科学部

分子生命化学科

天然の抗がん物質や抗生物質の構造を分析機器やコンピュータシュミレーションを駆使して調べるほか、病気の根源となる分子を標的にした副作用のない新しい薬剤を設計し、化学的に合成しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品等に含まれるヒトの健康への悪影響が懸念される化学物質と、がんなどに対する制御効果が見込まれる化学物質の生体影響を、分子・細胞・組織/臓器・生体の様々なレベルで分子毒性(病理)学的解析手法により検出・解明に取り組む「食品安全評価学研究室」があります。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品等に含まれるヒトの健康への悪影響が懸念される化学物質と、がんなどに対する制御効果が見込まれる化学物質の生体影響を、分子・細胞・組織/臓器・生体の様々なレベルで分子毒性(病理)学的解析手法により検出・解明に取り組む「食品安全評価学研究室」があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

細胞ゲノム生物学研究室では、動物の細胞が増殖するメカニズムについて研究しています。研究成果の一例として、細胞がむやみに増えないように働いているブレーキ役のタンパク質が、がん細胞ではブレーキ阻害因子によって働かなくなっていることを発見しました。

生命科学部

バイオサイエンス学科

細胞ゲノム生物学研究室では、動物の細胞が増殖するメカニズムについて研究しています。研究成果の一例として、細胞がむやみに増えないように働いているブレーキ役のタンパク質が、がん細胞ではブレーキ阻害因子によって働かなくなっていることを発見しました。

応用生物学部

農芸化学科

「栄養生化学研究室」では、代謝産物がシグナルとして生体内に及ぼす影響の解析、細胞の物質取り込みや癌抑制機構の解明を中心とした細胞内でのイベントを分子レベルで解析する研究も行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「栄養生化学研究室」では、代謝産物がシグナルとして生体内に及ぼす影響の解析、細胞の物質取り込みや癌抑制機構の解明を中心とした細胞内でのイベントを分子レベルで解析する研究も行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll