アナタが選んだキーワード

「ホルモン」を学べる学科

ホルモンに関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

バイオサイエンス学科

微生物、植物はホルモンや、フェロモンを生産し、それをやりとりすることで、自分たち、あるいは他者の代謝を制御しています。「機能性分子解析学研究室」では、「分子間相互作用の解明から生命現象を理解する」をコンセプトに研究しています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

微生物、植物はホルモンや、フェロモンを生産し、それをやりとりすることで、自分たち、あるいは他者の代謝を制御しています。「機能性分子解析学研究室」では、「分子間相互作用の解明から生命現象を理解する」をコンセプトに研究しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

脳で神経伝達物質になる成分「L-ドーバー」を多く含む豆(ムクナ)に着目し、認知症やパーキンソン病に効果がある機能性食品の製品化を目指しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

脳で神経伝達物質になる成分「L-ドーバー」を多く含む豆(ムクナ)に着目し、認知症やパーキンソン病に効果がある機能性食品の製品化を目指しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

動植物のホルモン分泌がそれぞれの生物に与える影響に関する教育と研究を行っています。また、森林浴等の活動が人間に与える影響等について、人体内でどのような変化が起こっているのかなど、ホルモンの分泌状況に着目すること等にも取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

動植物のホルモン分泌がそれぞれの生物に与える影響に関する教育と研究を行っています。また、森林浴等の活動が人間に与える影響等について、人体内でどのような変化が起こっているのかなど、ホルモンの分泌状況に着目すること等にも取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

植物生産化学研究室では、根圏環境に対する根の応答への植物ホルモンの関与について研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

植物生産化学研究室では、根圏環境に対する根の応答への植物ホルモンの関与について研究を行っています。

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、栄養素の過不足状態hが代謝などの生体へ及ぼす影響を実験動物をもちいて腎臓、骨を中心に他の栄養素の利用とホルモン作用、そして遺伝子発現制御と関連して検討しています。

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、栄養素の過不足状態hが代謝などの生体へ及ぼす影響を実験動物をもちいて腎臓、骨を中心に他の栄養素の利用とホルモン作用、そして遺伝子発現制御と関連して検討しています。

農学部

動物科学科

講義「動物生殖学」では哺乳類をおもな対象に、種の保存、改良と増殖、生殖器の構造と機能、生殖器を維持支配するホルモン、性現象と繁殖行動、精子と卵子、雌雄両配偶子の融合から受精・着床・妊娠・分娩・泌乳までの家畜繁殖の基礎分野と技術を講義していきます。

農学部

動物科学科

講義「動物生殖学」では哺乳類をおもな対象に、種の保存、改良と増殖、生殖器の構造と機能、生殖器を維持支配するホルモン、性現象と繁殖行動、精子と卵子、雌雄両配偶子の融合から受精・着床・妊娠・分娩・泌乳までの家畜繁殖の基礎分野と技術を講義していきます。

生物産業学部

北方圏農学科

ホルモンは動植物の生理を調節する重要な物質です。「家畜生産管理学研究室」では、ウシを中心とした家畜の繁殖機能を制御するホルモンの機能を研究しています。「植物生産科学研究室」では、塩害・病害などに対する植物の抵抗反応を制御するホルモンの役割を研究しています。

生物産業学部

北方圏農学科

ホルモンは動植物の生理を調節する重要な物質です。「家畜生産管理学研究室」では、ウシを中心とした家畜の繁殖機能を制御するホルモンの機能を研究しています。「植物生産科学研究室」では、塩害・病害などに対する植物の抵抗反応を制御するホルモンの役割を研究しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll