アナタが選んだキーワード

「細胞」を学べる学科

細胞に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

食品安全健康学科

「生体環境解析学研究室」の研究のターゲットとしている組織は、皮膚、腸管および味蕾等の常に細胞分裂し、分化している上皮組織です。これらの組織の機能を向上させるため、我々は食品因子による影響を生化学、分子細胞生物学、バイオイメージング的手法を用いて解析しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「生体環境解析学研究室」の研究のターゲットとしている組織は、皮膚、腸管および味蕾等の常に細胞分裂し、分化している上皮組織です。これらの組織の機能を向上させるため、我々は食品因子による影響を生化学、分子細胞生物学、バイオイメージング的手法を用いて解析しています。

生命科学部

分子微生物学科

「動物共生微生物学研究室」では、動物に共生、寄生、感染する微生物が宿主動物に与える影響について、微生物の生態や遺伝子の機能、生産物、及びそれらに対する宿主細胞の応答のメカニズムといった観点から、分子レベルで明らかにするための基礎研究を行っている。

生命科学部

分子微生物学科

「動物共生微生物学研究室」では、動物に共生、寄生、感染する微生物が宿主動物に与える影響について、微生物の生態や遺伝子の機能、生産物、及びそれらに対する宿主細胞の応答のメカニズムといった観点から、分子レベルで明らかにするための基礎研究を行っている。

生命科学部

バイオサイエンス学科

地球上には、1つの細胞からなる単細胞生物や、複数の細胞からなる多細胞生物が存在します。なぜ細胞は増殖・分化するのか、細胞はどんな機能を有しているのか、個体を作出できる細胞はどんな特徴も持っているのか、など生命現象を解明するために細胞は不可欠な研究材料です。

生命科学部

バイオサイエンス学科

地球上には、1つの細胞からなる単細胞生物や、複数の細胞からなる多細胞生物が存在します。なぜ細胞は増殖・分化するのか、細胞はどんな機能を有しているのか、個体を作出できる細胞はどんな特徴も持っているのか、など生命現象を解明するために細胞は不可欠な研究材料です。

農学部

生物資源開発学科

【ダイコンを現代の技術でデザインする】植物でゲノム編集を行うためには、編集を行った細胞を培養し、個体にまで再生される必要があります。ーーダイコンのゲノム編集技術を確立し、ダイコンの抽だい、辛味成分などの形質を改変する研究に取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

【ダイコンを現代の技術でデザインする】植物でゲノム編集を行うためには、編集を行った細胞を培養し、個体にまで再生される必要があります。ーーダイコンのゲノム編集技術を確立し、ダイコンの抽だい、辛味成分などの形質を改変する研究に取り組んでいます。

応用生物学部

栄養科学科

「食品科学研究室」では、食品中に含まれる健康の維持・増進に寄与する物質や健康に悪影響を及ぼす物質が生体内でどのように作用するのかを細胞や動物を用いて研究を行っています。

応用生物学部

栄養科学科

「食品科学研究室」では、食品中に含まれる健康の維持・増進に寄与する物質や健康に悪影響を及ぼす物質が生体内でどのように作用するのかを細胞や動物を用いて研究を行っています。

応用生物学部

醸造科学科

チーズや食酢、くさやを始めとする水産発酵食品などの製造に重要な微生物の細胞内生理現象の解明についての研究や、清酒酵母の細胞内の様々な酵素の働きを調べることで、お酒作りに重要な遺伝子を見つけることで、よりよい清酒酵母の開発に向けた研究も行っています。

応用生物学部

醸造科学科

チーズや食酢、くさやを始めとする水産発酵食品などの製造に重要な微生物の細胞内生理現象の解明についての研究や、清酒酵母の細胞内の様々な酵素の働きを調べることで、お酒作りに重要な遺伝子を見つけることで、よりよい清酒酵母の開発に向けた研究も行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「植物生産科学研究室」では遺伝子組換えテクニックを使って細胞レベルで植物の有する環境耐性能力や植物細胞の能力を解明・応用に結びつける研究を行います。「動物資源開発学研究室」では、動物の受精から発生まで、病気の原因となる遺伝子変異の解析を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「植物生産科学研究室」では遺伝子組換えテクニックを使って細胞レベルで植物の有する環境耐性能力や植物細胞の能力を解明・応用に結びつける研究を行います。「動物資源開発学研究室」では、動物の受精から発生まで、病気の原因となる遺伝子変異の解析を行っています。

農学部

動物科学科

「動物生殖学研究室」では、動物の生命の成り立ち(生殖細胞・受精・胚発生)から妊娠や子育てなどの仕組みや、それらの生命現象に対する加齢・ストレス・疾患による影響を分子レベルで解明し、生殖寿命に係る様々な問題を解決するための手法や技術の開発を目指しています。

農学部

動物科学科

「動物生殖学研究室」では、動物の生命の成り立ち(生殖細胞・受精・胚発生)から妊娠や子育てなどの仕組みや、それらの生命現象に対する加齢・ストレス・疾患による影響を分子レベルで解明し、生殖寿命に係る様々な問題を解決するための手法や技術の開発を目指しています。

生物産業学部

食香粧化学科

「化粧の化学研究室」では、皮膚の健康に役立つ素材を見出し、細胞生理学的な手法を用いてオホーツクの生物資源の機能性を探求するとともに、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組んでいます。

生物産業学部

食香粧化学科

「化粧の化学研究室」では、皮膚の健康に役立つ素材を見出し、細胞生理学的な手法を用いてオホーツクの生物資源の機能性を探求するとともに、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食環境科学研究室」では、フードロスなどの食品に関する様々な問題を解決ために、食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な手法を用いて取組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食環境科学研究室」では、フードロスなどの食品に関する様々な問題を解決ために、食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な手法を用いて取組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこに代表される林産物について、細胞融合等による品種改良と人工栽培、木材の特徴や性質について、細胞レベルの解明を行い、そうした成果を教育と研究に活かしています。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこに代表される林産物について、細胞融合等による品種改良と人工栽培、木材の特徴や性質について、細胞レベルの解明を行い、そうした成果を教育と研究に活かしています。

応用生物学部

農芸化学科

「栄養生化学研究室」では、代謝産物がシグナルとして生体内に及ぼす影響の解析、細胞の物質取り込みや癌抑制機構の解明を中心とした細胞内でのイベントを分子レベルで解析する研究を行っています。 「植物生産化学研究室」では、不良環境に植物が適応する際に必要な、細胞小器官の機能について研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「栄養生化学研究室」では、代謝産物がシグナルとして生体内に及ぼす影響の解析、細胞の物質取り込みや癌抑制機構の解明を中心とした細胞内でのイベントを分子レベルで解析する研究を行っています。 「植物生産化学研究室」では、不良環境に植物が適応する際に必要な、細胞小器官の機能について研究を行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll