アナタが選んだキーワード

「薬」を学べる学科

薬に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

醸造科学科

微生物の機能開発と高度利用に着手し、麹菌由来抗菌物質の諸性質の解明と利用について研究している「微生物工学研究室」や、「くさや」製造に重要な「くさや汁」中の抗菌物質について解明するための研究を行う「発酵食品化学研究室」などの研究室があります。

応用生物学部

醸造科学科

微生物の機能開発と高度利用に着手し、麹菌由来抗菌物質の諸性質の解明と利用について研究している「微生物工学研究室」や、「くさや」製造に重要な「くさや汁」中の抗菌物質について解明するための研究を行う「発酵食品化学研究室」などの研究室があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「細胞分子機能」では細胞増殖・ゲノムデザインとタンパク質構造・創薬を研究します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「細胞分子機能」では細胞増殖・ゲノムデザインとタンパク質構造・創薬を研究します。

応用生物学部

食品安全健康学科

ある特定の食品成分に生理機能があることを見出すと、その食品成分の化学構造をさらに詳しく調べることで、より強い生理機能を持つ新しい薬の開発につながります。そこで、様々な食品中の機能性成分の化学構造を明らかにすることのできる精密機器を研究で利用しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

ある特定の食品成分に生理機能があることを見出すと、その食品成分の化学構造をさらに詳しく調べることで、より強い生理機能を持つ新しい薬の開発につながります。そこで、様々な食品中の機能性成分の化学構造を明らかにすることのできる精密機器を研究で利用しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこを中心とする農林産物の薬理効果と成分、分泌する酵素の利用、細胞融合等による品種改良と人工栽培、さらには、そうした効果を発揮する農林産物の生産が農家・林家の経済に及ぼす影響等に至る幅広い教育と研究に取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこを中心とする農林産物の薬理効果と成分、分泌する酵素の利用、細胞融合等による品種改良と人工栽培、さらには、そうした効果を発揮する農林産物の生産が農家・林家の経済に及ぼす影響等に至る幅広い教育と研究に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

乳酸菌は食べることができる安全な微生物。この微生物を運び屋として、腸内にワクチンや薬などを送り届けるシステムを開発することを目指した研究を行っています。 「生物有機化学研究室」では、医薬品や農薬の製造の基礎となる有機合成化学的研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

乳酸菌は食べることができる安全な微生物。この微生物を運び屋として、腸内にワクチンや薬などを送り届けるシステムを開発することを目指した研究を行っています。 「生物有機化学研究室」では、医薬品や農薬の製造の基礎となる有機合成化学的研究を行っています。

農学部

生物資源開発学科

農学的視点から研究成果の社会実装に取り組んでいます。例えば、漢方生薬の国内生産。優れた薬効を持つ植物も、適切な条件が整わなければ薬効成分を作りません。原産地での調査にはじまり、栽培実験や種子生産まで、薬学部ではカバーしきれない領域に取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

農学的視点から研究成果の社会実装に取り組んでいます。例えば、漢方生薬の国内生産。優れた薬効を持つ植物も、適切な条件が整わなければ薬効成分を作りません。原産地での調査にはじまり、栽培実験や種子生産まで、薬学部ではカバーしきれない領域に取り組んでいます。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では、標的タンパク質の構造を調べ医農薬・動物薬の開発に貢献したり、抗がん作用や抗菌活性など、医薬品開発に応用できる生物活性物質を合成するなどの多くの研究成果があります。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では、標的タンパク質の構造を調べ医農薬・動物薬の開発に貢献したり、抗がん作用や抗菌活性など、医薬品開発に応用できる生物活性物質を合成するなどの多くの研究成果があります。

生命科学部

分子微生物学科

微生物は棲息域を確保するため、他の微生物種に勝つための戦略があります。その1つが医療分野で活躍する抗生物質です。しかし、耐性菌が出現してしまいます。そこで、分子微生物学科では抗生物質とは異なる創薬につながる研究にも取り組んでいます。

生命科学部

分子微生物学科

微生物は棲息域を確保するため、他の微生物種に勝つための戦略があります。その1つが医療分野で活躍する抗生物質です。しかし、耐性菌が出現してしまいます。そこで、分子微生物学科では抗生物質とは異なる創薬につながる研究にも取り組んでいます。

生物産業学部

食香粧化学科

「化粧の化学研究室」では、皮膚の健康に役立つ素材を見出し、生理学的な手法を用いてオホーツクの生物資源の機能性を探求するとともに、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組んでいます。

生物産業学部

食香粧化学科

「化粧の化学研究室」では、皮膚の健康に役立つ素材を見出し、生理学的な手法を用いてオホーツクの生物資源の機能性を探求するとともに、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組んでいます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll