アナタが選んだキーワード

「植物」を学べる学科

植物に関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

国際食農科学科

「植生生産学研究室」では農耕地生態系における作物と雑草の多様な機能についてアグロエコロジー(農生態学)で解明し、持続可能な農業システムの方向性を探る研究や、世界各地の植物利用の文化的側面を民族植物学的に研究し地域振興に結びつく植物資源の開発などを行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「植生生産学研究室」では農耕地生態系における作物と雑草の多様な機能についてアグロエコロジー(農生態学)で解明し、持続可能な農業システムの方向性を探る研究や、世界各地の植物利用の文化的側面を民族植物学的に研究し地域振興に結びつく植物資源の開発などを行っています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の主要な構成要素である樹木をはじめ、草本類まで幅広い植物を見つめます。植物の生育基盤である土壌に関することから、植物の生理・生態に関する研究を基礎として、その育成や利用・防除に至る幅広い研究を進めています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の主要な構成要素である樹木をはじめ、草本類まで幅広い植物を見つめます。植物の生育基盤である土壌に関することから、植物の生理・生態に関する研究を基礎として、その育成や利用・防除に至る幅広い研究を進めています。

地域環境科学部

造園科学科

研究分野の1つに、「ランドスケープ資源・植物分野」があります。植物学から生活環境を考える「造園植物・樹芸学研究室」や植物の力で潤いのある快適な都市環境、都市空間を創造する「緑化植栽学研究室」があります。

地域環境科学部

造園科学科

研究分野の1つに、「ランドスケープ資源・植物分野」があります。植物学から生活環境を考える「造園植物・樹芸学研究室」や植物の力で潤いのある快適な都市環境、都市空間を創造する「緑化植栽学研究室」があります。

生命科学部

分子微生物学科

植物に感染、共生する微生物には糸状菌、細菌、ウイルスなどがあり、植物を病気にする微生物、植物の生長を促進する微生物があります。分子微生物学科ではイネ−いもち病菌相互作用、マメ科植物と根粒菌の共生、植物ウイルスの感染機構や弱毒ウイルスに関する研究を進めています。

生命科学部

分子微生物学科

植物に感染、共生する微生物には糸状菌、細菌、ウイルスなどがあり、植物を病気にする微生物、植物の生長を促進する微生物があります。分子微生物学科ではイネ−いもち病菌相互作用、マメ科植物と根粒菌の共生、植物ウイルスの感染機構や弱毒ウイルスに関する研究を進めています。

農学部

デザイン農学科

植物による景観や植物の香りが持つリラクゼーション効果などを、脳波や自律神経を指標に明らかにし、望ましい人と植物との関係をデザインします。また、近年は農作物の栄養源として化学肥料が多用され,与え過ぎが問題となっていることから、その解決にデータ分析から挑戦します。

農学部

デザイン農学科

植物による景観や植物の香りが持つリラクゼーション効果などを、脳波や自律神経を指標に明らかにし、望ましい人と植物との関係をデザインします。また、近年は農作物の栄養源として化学肥料が多用され,与え過ぎが問題となっていることから、その解決にデータ分析から挑戦します。

生命科学部

分子生命化学科

病原菌に対する植物の自己防御機構を分子レベルで解き明かすことによって、新しい農薬の開発に展開することができます。

生命科学部

分子生命化学科

病原菌に対する植物の自己防御機構を分子レベルで解き明かすことによって、新しい農薬の開発に展開することができます。

農学部

農学科

作物生産に特化した学びが特徴で、研究対象は稲、麦、果樹、野菜、ハーブ、花から観葉植物、土壌の微生物まで。植物生産の技術開発だけでなく、バイオテクノロジーを駆使した苗づくり、収穫した農作物の鮮度を維持したまま安全に届ける流通システムの構築といった研究もあります。

農学部

農学科

作物生産に特化した学びが特徴で、研究対象は稲、麦、果樹、野菜、ハーブ、花から観葉植物、土壌の微生物まで。植物生産の技術開発だけでなく、バイオテクノロジーを駆使した苗づくり、収穫した農作物の鮮度を維持したまま安全に届ける流通システムの構築といった研究もあります。

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯園芸学研究室」では、園芸作物の生育と栽培環境の関係について研究しています。特に、高温及び乾燥条件下での園芸作物の栽培と収穫後の管理に重点を置き、生産性および品質の向上を目指しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯園芸学研究室」では、園芸作物の生育と栽培環境の関係について研究しています。特に、高温及び乾燥条件下での園芸作物の栽培と収穫後の管理に重点を置き、生産性および品質の向上を目指しています。

応用生物学部

農芸化学科

植物栄養学・分析化学・生化学・遺伝学・分子生物学の知識と技術を活用し低投入で持続的な農業を推進する新たな作物を開発することを目指す「植物生産化学研究室」や、「土づくり」を化学的に実証し科学的な「土づくり」を研究する「土壌肥料学研究室」などがあります。

応用生物学部

農芸化学科

植物栄養学・分析化学・生化学・遺伝学・分子生物学の知識と技術を活用し低投入で持続的な農業を推進する新たな作物を開発することを目指す「植物生産化学研究室」や、「土づくり」を化学的に実証し科学的な「土づくり」を研究する「土壌肥料学研究室」などがあります。

生物産業学部

北方圏農学科

北方圏農学科の学びの対象は、試験管の中から大規模圃場の作物、湿原や森林まで様々なシーンの植物です。つなぎを着て圃場に出て、白衣を着て遺伝子を解析、植物の病気に向き合い、湿原に分け入ってサンプリングし、フィールドで考える。そんな環境がこの学科にはあります。

生物産業学部

北方圏農学科

北方圏農学科の学びの対象は、試験管の中から大規模圃場の作物、湿原や森林まで様々なシーンの植物です。つなぎを着て圃場に出て、白衣を着て遺伝子を解析、植物の病気に向き合い、湿原に分け入ってサンプリングし、フィールドで考える。そんな環境がこの学科にはあります。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

生物産業学部

海洋水産学科

植物プランクトン・付着性藻類・海藻類・海草類といった一次生産者は水圏の生態系において重要な役割を果たしています。海洋水産学科ではこれら水圏植物の生物学的、化学的、物理学的な観点からの研究も室内実験とフィールド研究の両面から行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

植物プランクトン・付着性藻類・海藻類・海草類といった一次生産者は水圏の生態系において重要な役割を果たしています。海洋水産学科ではこれら水圏植物の生物学的、化学的、物理学的な観点からの研究も室内実験とフィールド研究の両面から行っています。

応用生物学部

食品安全健康学科

植物は、私たち動物と異なる化学反応を行う能力を持っていて、植物からしか摂取できない栄養分子や機能性分子がたくさん存在します。そうした植物の能力に着目して、これまで知られていなかった新しい機能性分子の探索を行っています。

応用生物学部

食品安全健康学科

植物は、私たち動物と異なる化学反応を行う能力を持っていて、植物からしか摂取できない栄養分子や機能性分子がたくさん存在します。そうした植物の能力に着目して、これまで知られていなかった新しい機能性分子の探索を行っています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「植物分野」では植物の生きる知恵・環境耐性とゲノムを操作する育種改良を追求します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「植物分野」では植物の生きる知恵・環境耐性とゲノムを操作する育種改良を追求します。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll