アナタが選んだキーワード

「米」を学べる学科

米に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

醸造科学科

大豆や米から生まれるアミノ酸やペプチドなどの旨味成分の呈味メカニズムを、ヒト味覚センサーを用いて解析しています。

応用生物学部

醸造科学科

大豆や米から生まれるアミノ酸やペプチドなどの旨味成分の呈味メカニズムを、ヒト味覚センサーを用いて解析しています。

農学部

デザイン農学科

日本人の主食である米は栄養素のほか、健康維持に関する機能が注目されていますが、国内の消費量は減少し続けており、新たな米の活用法が求められています。講義「農産物利用論」で米の特性を学び、「食機能科学研究室」では新たな機能性食品の開発に取り組んでいます。

農学部

デザイン農学科

日本人の主食である米は栄養素のほか、健康維持に関する機能が注目されていますが、国内の消費量は減少し続けており、新たな米の活用法が求められています。講義「農産物利用論」で米の特性を学び、「食機能科学研究室」では新たな機能性食品の開発に取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」は、イネ、ヤムイモ、カムカムなどを対象に、遺伝資源の特性評価、生理・生体機能の解明、有用形質の評価と遺伝解析、栽培技術の改良、組織培養などによる繁殖技術に関する研究をおこなっています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」は、イネ、ヤムイモ、カムカムなどを対象に、遺伝資源の特性評価、生理・生体機能の解明、有用形質の評価と遺伝解析、栽培技術の改良、組織培養などによる繁殖技術に関する研究をおこなっています。

農学部

農学科

厚木キャンパスから至近距離にある大学圃場を中心に、低投入で環境に負荷をかけない技術をイネ生産現場に導入するための栽培試験を展開しています。

農学部

農学科

厚木キャンパスから至近距離にある大学圃場を中心に、低投入で環境に負荷をかけない技術をイネ生産現場に導入するための栽培試験を展開しています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

耕作放棄地と伝統文化の再生を通した過疎地活性化プロジェクトである「山村再生プロジェクト」では、毎週の勉強会に加え、月に一度は長野県長和町を舞台に研修に参加します。農業体験の一つとして、米栽培も体験できます。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

耕作放棄地と伝統文化の再生を通した過疎地活性化プロジェクトである「山村再生プロジェクト」では、毎週の勉強会に加え、月に一度は長野県長和町を舞台に研修に参加します。農業体験の一つとして、米栽培も体験できます。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、ご飯に美味しさをもたらす化学反応を研究しています。「栄養生化学研究室」では、脂肪肝を予防・改善する玄米の機能性を研究しています。「植物生産化学研究室」では、高機能性米を収穫するためのイネの研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、ご飯に美味しさをもたらす化学反応を研究しています。「栄養生化学研究室」では、脂肪肝を予防・改善する玄米の機能性を研究しています。「植物生産化学研究室」では、高機能性米を収穫するためのイネの研究を行っています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、主にアブラナ植物やイネ科植物を対象に、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにしていきます。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、主にアブラナ植物やイネ科植物を対象に、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにしていきます。

地域環境科学部

生産環境工学科

茶園地からの流出水は高濃度の窒素を含みます。静岡県菊川市千框棚田で茶園地と水田の水質浄化能を解明し、UAVで高密度の地形データを測量しています。また、通常ならば廃棄される米ぬかを飼料の一部として利用した昆虫生産技術開発を行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

茶園地からの流出水は高濃度の窒素を含みます。静岡県菊川市千框棚田で茶園地と水田の水質浄化能を解明し、UAVで高密度の地形データを測量しています。また、通常ならば廃棄される米ぬかを飼料の一部として利用した昆虫生産技術開発を行っています。

応用生物学部

食品安全健康学科

米の澱粉構造を改変すると、炊飯米の「食感」が変化することを解明しました。同じ味であっても食感が変わるとおいしく感じたり、まずく感じたりすることが分かっています。食品の物理化学的な性質とヒトの食感との相互関係を研究しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

米の澱粉構造を改変すると、炊飯米の「食感」が変化することを解明しました。同じ味であっても食感が変わるとおいしく感じたり、まずく感じたりすることが分かっています。食品の物理化学的な性質とヒトの食感との相互関係を研究しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

稲作発展や米消費拡大のため、産地の農家、流通業者、味噌などの伝統食品産業と連携。文化形成、製品戦略、生産者・消費者行動などを調査・研究しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

稲作発展や米消費拡大のため、産地の農家、流通業者、味噌などの伝統食品産業と連携。文化形成、製品戦略、生産者・消費者行動などを調査・研究しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll