アナタが選んだキーワード

「野菜」を学べる学科

野菜に関する研究をしている学科はこちら

生物産業学部

北方圏農学科

 園芸作物である野菜は主に葉や根、茎(地下茎を含む)、花・つぼみ・果実を副食として食べる植物です。大消費地への輸送の面から北海道の網走地域ではダイコン、ニンジン、ゴボウ、ナガイモなどの根菜類の生産が中心となっており、病虫害対策に向けた研究が行われています。

生物産業学部

北方圏農学科

 園芸作物である野菜は主に葉や根、茎(地下茎を含む)、花・つぼみ・果実を副食として食べる植物です。大消費地への輸送の面から北海道の網走地域ではダイコン、ニンジン、ゴボウ、ナガイモなどの根菜類の生産が中心となっており、病虫害対策に向けた研究が行われています。

地域環境科学部

生産環境工学科

収穫後の野菜の鮮度・品質をできるだけ損なわずに消費者に届けるということを目標として、野菜の鮮度・品質を客観的に評価するための測定技術、鮮度・品質保持輸送について研究を行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

収穫後の野菜の鮮度・品質をできるだけ損なわずに消費者に届けるということを目標として、野菜の鮮度・品質を客観的に評価するための測定技術、鮮度・品質保持輸送について研究を行っています。

農学部

デザイン農学科

ピクルスの製造を通じて野菜の食感の工夫やビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素について研究したり、果物や野菜の抗酸化作用の機能がある鮮やかな色を、加工や保存で失われないように保持する研究、街中菜園を利用したコミュニティづくりなどを行っています。

農学部

デザイン農学科

ピクルスの製造を通じて野菜の食感の工夫やビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素について研究したり、果物や野菜の抗酸化作用の機能がある鮮やかな色を、加工や保存で失われないように保持する研究、街中菜園を利用したコミュニティづくりなどを行っています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、主にアブラナ植物やイネ科植物を対象に、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにしていきます。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、主にアブラナ植物やイネ科植物を対象に、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにしていきます。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」は、ヤムイモが窒素肥料を与えなくてもよく育つ事をこれまでの研究から明らかにし、ヤムイモがどのように窒素固定細菌と共生し、窒素固定を行うのかを研究しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物学研究室」は、ヤムイモが窒素肥料を与えなくてもよく育つ事をこれまでの研究から明らかにし、ヤムイモがどのように窒素固定細菌と共生し、窒素固定を行うのかを研究しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科のコンセプトは、生命に直結する「食の安全・安心」および「食の機能と健康」を科学する。あらゆる食品の「安全」と「機能」を同時に理解する力を養うため、化学と生物学を基盤とし、様々な分野の科学的手法を網羅した教育・研究を行います。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科のコンセプトは、生命に直結する「食の安全・安心」および「食の機能と健康」を科学する。あらゆる食品の「安全」と「機能」を同時に理解する力を養うため、化学と生物学を基盤とし、様々な分野の科学的手法を網羅した教育・研究を行います。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

学生の自発的な活動を支援する「Bridge」プロジェクトのひとつに、岩手県北上市の地域活性化を目的として、伝統野菜の消費拡大と直売所運営への支援を軸に活動する「きたかみ太陽プロジェクト」があります。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

学生の自発的な活動を支援する「Bridge」プロジェクトのひとつに、岩手県北上市の地域活性化を目的として、伝統野菜の消費拡大と直売所運営への支援を軸に活動する「きたかみ太陽プロジェクト」があります。

農学部

農学科

野菜の成分や生産技術についての研究や、それに関わる土壌や微生物、そして品質改良から流通まで、野菜に関する幅広い研究をしています。

農学部

農学科

野菜の成分や生産技術についての研究や、それに関わる土壌や微生物、そして品質改良から流通まで、野菜に関する幅広い研究をしています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、野菜の品質に関わる色や食感について、保存中に変化してしまう要因を解明し、長期間保存しても変化しにくい保存技術の開発を目指しています。 「植物生産化学研究室」では、野菜の品質向上につながる植物の栄養生理を研究しています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、野菜の品質に関わる色や食感について、保存中に変化してしまう要因を解明し、長期間保存しても変化しにくい保存技術の開発を目指しています。 「植物生産化学研究室」では、野菜の品質向上につながる植物の栄養生理を研究しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

野菜・花・果樹から1部門選択し、栽培管理から収穫、調理・加工までの知識と技術を学ぶ実習や、農作物品評会の支援やマルシェでの販売実習、消費者調査、食農教育活動など、様々なフィールドで野菜に関わる学びがあります。

国際食料情報学部

国際食農科学科

野菜・花・果樹から1部門選択し、栽培管理から収穫、調理・加工までの知識と技術を学ぶ実習や、農作物品評会の支援やマルシェでの販売実習、消費者調査、食農教育活動など、様々なフィールドで野菜に関わる学びがあります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll