アナタが選んだキーワード

「フルーツ」を学べる学科

フルーツに関する研究をしている学科はこちら

農学部

デザイン農学科

規格外の果物からジャムなどの魅力的な加工食品の製造や、果物や野菜の抗酸化作用の機能がある鮮やかな色を、加工や保存で失われないように保持する研究などを行っています。

農学部

デザイン農学科

規格外の果物からジャムなどの魅力的な加工食品の製造や、果物や野菜の抗酸化作用の機能がある鮮やかな色を、加工や保存で失われないように保持する研究などを行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、フルーツの品質に関わる酵素や細胞壁の構造など、その変化における分子構造を解析することで、ジュースやジャムなどの食品開発、技術向上に役立てるほか、新しい品種の育成などへの応用を目指しています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、フルーツの品質に関わる酵素や細胞壁の構造など、その変化における分子構造を解析することで、ジュースやジャムなどの食品開発、技術向上に役立てるほか、新しい品種の育成などへの応用を目指しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科のコンセプトは、生命に直結する「食の安全・安心」および「食の機能と健康」を科学する。あらゆる食品の「安全」と「機能」を同時に理解する力を養うため、化学と生物学を基盤とし、様々な分野の科学的手法を網羅した教育・研究を行います。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科のコンセプトは、生命に直結する「食の安全・安心」および「食の機能と健康」を科学する。あらゆる食品の「安全」と「機能」を同時に理解する力を養うため、化学と生物学を基盤とし、様々な分野の科学的手法を網羅した教育・研究を行います。

国際食料情報学部

国際食農科学科

パッションフルーツから果実未成熟落下を研究しています。一般的に自然落下した果実を収穫しますが、未成熟で落下すると高い酸度が問題となります。その生理機構を解き、外観を損なわずに減産する技術を追求しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

パッションフルーツから果実未成熟落下を研究しています。一般的に自然落下した果実を収穫しますが、未成熟で落下すると高い酸度が問題となります。その生理機構を解き、外観を損なわずに減産する技術を追求しています。

農学部

農学科

果実の高品質化栽培技術の開発や、ラズベリーなど小果樹類の栽培法に関する研究を行う「園芸学研究室」や、生産者が育てた果物、野菜、花などをとれたてに近い状態で消費者に届けるための研究を行う「ポストハーベスト学研究室」などがあります。

農学部

農学科

果実の高品質化栽培技術の開発や、ラズベリーなど小果樹類の栽培法に関する研究を行う「園芸学研究室」や、生産者が育てた果物、野菜、花などをとれたてに近い状態で消費者に届けるための研究を行う「ポストハーベスト学研究室」などがあります。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業開発実習」では、サトウキビ、ヤムイモ、マンゴーなど熱帯・亜熱帯作物の栽培管理や収穫、肉牛・肥育牛の管理、土壌保全、防風林や農地の造成をおこなうほか、現地の農家から農業経営や生活についても学び、国際農業協力に必要な実践的技術や生活適応力を養います。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業開発実習」では、サトウキビ、ヤムイモ、マンゴーなど熱帯・亜熱帯作物の栽培管理や収穫、肉牛・肥育牛の管理、土壌保全、防風林や農地の造成をおこなうほか、現地の農家から農業経営や生活についても学び、国際農業協力に必要な実践的技術や生活適応力を養います。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll