アナタが選んだキーワード

「野生動物」を学べる学科

野生動物に関する研究をしている学科はこちら

地域環境科学部

地域創成科学科

時間と場所を問わずに測量ができるドローンの地理空間情報技術で、野生動物の立地特性や土地利用の変化を解明し、持続的な環境保全策を研究しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

時間と場所を問わずに測量ができるドローンの地理空間情報技術で、野生動物の立地特性や土地利用の変化を解明し、持続的な環境保全策を研究しています。

農学部

生物資源開発学科

例えば、「生物多様性管理分野」の研究室では、希少植物の保全、野生動物の家畜化、農業に役立つ昆虫の探索といった研究が進められています。

農学部

生物資源開発学科

例えば、「生物多様性管理分野」の研究室では、希少植物の保全、野生動物の家畜化、農業に役立つ昆虫の探索といった研究が進められています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物保護学研究室」は、菌類などの微生物や昆虫をふくむ節足動物、大型野生動物など多種多様な生物など、作物を害から保護しながら、圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的とし、野外と実験室にまたがる活動をとおして日々研究を行っています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物保護学研究室」は、菌類などの微生物や昆虫をふくむ節足動物、大型野生動物など多種多様な生物など、作物を害から保護しながら、圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的とし、野外と実験室にまたがる活動をとおして日々研究を行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

水産増殖学研究室では、野生動物であるエビやホタテなど無脊椎動物を、海洋生物学研究室では、サケやアザラシなどの脊椎動物を対象にして、水産業として持続的に利用して管理する研究やそれらと共存する方法の研究も行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

水産増殖学研究室では、野生動物であるエビやホタテなど無脊椎動物を、海洋生物学研究室では、サケやアザラシなどの脊椎動物を対象にして、水産業として持続的に利用して管理する研究やそれらと共存する方法の研究も行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

中山間地域の過疎化、地域住民の高齢化に伴い、耕作放棄地が増加しています。農地での耕作が放棄されるとこれまでは遠くの山で生息していた野生動物が、人間活動域に近いところまでやってきて農業や人間生活に被害をもたらしています。野生動物と人間との共存が求められています。

地域環境科学部

生産環境工学科

中山間地域の過疎化、地域住民の高齢化に伴い、耕作放棄地が増加しています。農地での耕作が放棄されるとこれまでは遠くの山で生息していた野生動物が、人間活動域に近いところまでやってきて農業や人間生活に被害をもたらしています。野生動物と人間との共存が求められています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして哺乳動物や野鳥をあげることができます。それらが、森林の成立や維持にどのように関わるものであるのかを見つめます。農山村住民にとってどのような存在であるのかを探り、鳥獣による被害と保全の両立の途を考えることも重要な研究課題です。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして哺乳動物や野鳥をあげることができます。それらが、森林の成立や維持にどのように関わるものであるのかを見つめます。農山村住民にとってどのような存在であるのかを探り、鳥獣による被害と保全の両立の途を考えることも重要な研究課題です。

生物産業学部

北方圏農学科

オホーツク地域に生息する野生動物の基礎生態のほか、エゾジカによる農林業被害の軽減と資源としての有効活用、エミューの飼育手法の確立、猛禽類の保全と風力エネルギー事業等の経済活動との両立など、産業動物としての利用や人間との共生に関わる実践的な研究を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

オホーツク地域に生息する野生動物の基礎生態のほか、エゾジカによる農林業被害の軽減と資源としての有効活用、エミューの飼育手法の確立、猛禽類の保全と風力エネルギー事業等の経済活動との両立など、産業動物としての利用や人間との共生に関わる実践的な研究を行っています。

農学部

動物科学科

「動物栄養学研究室」では、産業動物、野生動物、実験動物を対象に、栄養の観点から研究を行っています。捕獲されたシカの飼育法、ジビエへの活用を目指しています。

農学部

動物科学科

「動物栄養学研究室」では、産業動物、野生動物、実験動物を対象に、栄養の観点から研究を行っています。捕獲されたシカの飼育法、ジビエへの活用を目指しています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、ヒグマやエゾジカとの共生、森林、海、湖沼で営まれる一次産業との共存といった課題と向き合い、自然資源を活かした持続的なツーリズムについて考え、学びます。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、ヒグマやエゾジカとの共生、森林、海、湖沼で営まれる一次産業との共存といった課題と向き合い、自然資源を活かした持続的なツーリズムについて考え、学びます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll