アナタが選んだキーワード

「食料問題」を学べる学科

食料問題に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

農芸化学科

植物栄養学・分析化学・生化学・遺伝学・分子生物学の知識と技術を活用し低投入で持続的な農業を推進する新たな作物の開発や、新たなコメや乳製品の加工技術の開発・研究などの研究を行う研究室があります。

応用生物学部

農芸化学科

植物栄養学・分析化学・生化学・遺伝学・分子生物学の知識と技術を活用し低投入で持続的な農業を推進する新たな作物の開発や、新たなコメや乳製品の加工技術の開発・研究などの研究を行う研究室があります。

地域環境科学部

生産環境工学科

農業生産と環境保全の一体化という考えのもの、長年培ってきた技術を応用してエコシステムの物質循環の解明と持続可能な農業生産テクノロジーの開発の実現に取り組み、世界の食料・環境問題に貢献します。

地域環境科学部

生産環境工学科

農業生産と環境保全の一体化という考えのもの、長年培ってきた技術を応用してエコシステムの物質循環の解明と持続可能な農業生産テクノロジーの開発の実現に取り組み、世界の食料・環境問題に貢献します。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、地球温暖化から食品ロスの削減やリサイクルまでの幅広い資源問題・環境問題、さらには農業・農村の生物多様性保全機能やレクリエーション機能など、幅広い分野にアプローチし有効な資源・環境保全政策に資する研究を行います。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、地球温暖化から食品ロスの削減やリサイクルまでの幅広い資源問題・環境問題、さらには農業・農村の生物多様性保全機能やレクリエーション機能など、幅広い分野にアプローチし有効な資源・環境保全政策に資する研究を行います。

生物産業学部

北方圏農学科

土壌塩害克服に資する分子の検索や、北海道の特産物の安定多収穫技術や化学肥料削減と有機質資材の活用による生産性向上の追求、人工授精や受精卵移植で能力の高い家畜を効率的に生産する技術研究などで持続的で食料自給率を支える研究を行う研究室があります。

生物産業学部

北方圏農学科

土壌塩害克服に資する分子の検索や、北海道の特産物の安定多収穫技術や化学肥料削減と有機質資材の活用による生産性向上の追求、人工授精や受精卵移植で能力の高い家畜を効率的に生産する技術研究などで持続的で食料自給率を支える研究を行う研究室があります。

応用生物学部

栄養科学科

肥満とやせが混在する栄養不良の二重負荷の改善を目指し、現在はケニアについて食文化や持続可能な食物の入手可能性を意識しつつ、栄養改善プログラムの作成とその活用を検討。学外研究者や他学科の先生方との共同研究です。緑色葉野菜の種類が豊富で、その活用も検討しています。

応用生物学部

栄養科学科

肥満とやせが混在する栄養不良の二重負荷の改善を目指し、現在はケニアについて食文化や持続可能な食物の入手可能性を意識しつつ、栄養改善プログラムの作成とその活用を検討。学外研究者や他学科の先生方との共同研究です。緑色葉野菜の種類が豊富で、その活用も検討しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「農地保全学」では,持続的な農業の実現に必要不可欠な知識である世界、国内の食料、農地の問題について理解することからはじめ、農地の継続的な利用を実現するための最先端の技術である農地の大区画化やスマート農業についての取り組みも学ぶ。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「農地保全学」では,持続的な農業の実現に必要不可欠な知識である世界、国内の食料、農地の問題について理解することからはじめ、農地の継続的な利用を実現するための最先端の技術である農地の大区画化やスマート農業についての取り組みも学ぶ。

生物産業学部

海洋水産学科

21世紀に入り、人口増加に加え、経済的発展よる消費増大、温暖化による環境変動が世界の食料事情をさらに悪化させています。獲り尽くす漁業や環境破壊を伴う養殖ではない、持続的な水産業をこのオホーツクから世界に発信し、食料問題の解決に貢献することを目標にしています。

生物産業学部

海洋水産学科

21世紀に入り、人口増加に加え、経済的発展よる消費増大、温暖化による環境変動が世界の食料事情をさらに悪化させています。獲り尽くす漁業や環境破壊を伴う養殖ではない、持続的な水産業をこのオホーツクから世界に発信し、食料問題の解決に貢献することを目標にしています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

ケニアでは農村家庭の食習慣調査などと現地で行い「新たな栄養評価法の導入による栄養改善事業」に取り組んでおり、これはSDGsの目標「飢餓をゼロに」に対応しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

ケニアでは農村家庭の食習慣調査などと現地で行い「新たな栄養評価法の導入による栄養改善事業」に取り組んでおり、これはSDGsの目標「飢餓をゼロに」に対応しています。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子が生物の中でどのように働き、生命をコントロールしているのかを日々研究し、人類が抱える食料・医療・環境保全などの問題の解決を目指します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子が生物の中でどのように働き、生命をコントロールしているのかを日々研究し、人類が抱える食料・医療・環境保全などの問題の解決を目指します。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営管理研究室」では、穀物需要が世界的に増大する中、その国際貿易から国内流通までを担う穀物商社の動向を分析したり、一部の国が国外の農地を取得して食料を確保しようとする中、農地制度の国際比較を行うなど、食料の需要と供給の展望を国際的な視点から学んでいます。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営管理研究室」では、穀物需要が世界的に増大する中、その国際貿易から国内流通までを担う穀物商社の動向を分析したり、一部の国が国外の農地を取得して食料を確保しようとする中、農地制度の国際比較を行うなど、食料の需要と供給の展望を国際的な視点から学んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

地域固有の背景から生まれ、伝統とともに育まれてきた国内外の食や農に関する多様な文化とひとの関わりを、人文・社会科学の幅広い学問領域から探求するとともに、新たな食農文化の創造に寄与していく

国際食料情報学部

国際食農科学科

地域固有の背景から生まれ、伝統とともに育まれてきた国内外の食や農に関する多様な文化とひとの関わりを、人文・社会科学の幅広い学問領域から探求するとともに、新たな食農文化の創造に寄与していく

応用生物学部

食品安全健康学科

「食品利用安全学研究室」では、食品のテクスチャーとヒトの咀嚼活動の解析を進めており、この研究成果により多様なテクスチャーや風味、栄養成分をいかした新しい食品素材や食品加工法の開発を目指しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「食品利用安全学研究室」では、食品のテクスチャーとヒトの咀嚼活動の解析を進めており、この研究成果により多様なテクスチャーや風味、栄養成分をいかした新しい食品素材や食品加工法の開発を目指しています。

農学部

農学科

植物の力、未利用な遺伝資源、土などの環境などの農学の英知を結集させて、持続可能な栽培技術を創造して、高品質で高収量な作物を生産して飢餓をゼロにできる研究に取り組んでいます。

農学部

農学科

植物の力、未利用な遺伝資源、土などの環境などの農学の英知を結集させて、持続可能な栽培技術を創造して、高品質で高収量な作物を生産して飢餓をゼロにできる研究に取り組んでいます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll