アナタが選んだキーワード

「食育」を学べる学科

食育に関する研究をしている学科はこちら

農学部

デザイン農学科

街中菜園を利用したコミュニティづくりや、食とエネルギーを自給する地域農業の提案、食農教育など、あらゆるスケールの社会問題を「農」の力で解決する研究に取り組んでいます。

農学部

デザイン農学科

街中菜園を利用したコミュニティづくりや、食とエネルギーを自給する地域農業の提案、食農教育など、あらゆるスケールの社会問題を「農」の力で解決する研究に取り組んでいます。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「食料経済研究室」ではサプライチェーンマネジメントの観点から食品ロス問題について研究しおり、また子どもへの食育の一環として、食品ロス問題を分かりやすく説明しています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「食料経済研究室」ではサプライチェーンマネジメントの観点から食品ロス問題について研究しおり、また子どもへの食育の一環として、食品ロス問題を分かりやすく説明しています。

応用生物学部

農芸化学科

食品製造ラインを模したジャムや飲料、製パン作りを通して、食品が生産される実学教育により、機械、原料、包装、殺菌など様々な情報を理解し、社会で実践できる教育を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

食品製造ラインを模したジャムや飲料、製パン作りを通して、食品が生産される実学教育により、機械、原料、包装、殺菌など様々な情報を理解し、社会で実践できる教育を行っています。

応用生物学部

栄養科学科

食品の生産現場から食卓までを知り、対象者の状況に応じた食事提案の方法を学びます。将来、病院や学校、保育園や高齢者施設、企業、国や自治体、保健所・保健センターや地域などで、周囲と連携をとりながら健康づくり支援のための食育を実践できる人材を養成しています。

応用生物学部

栄養科学科

食品の生産現場から食卓までを知り、対象者の状況に応じた食事提案の方法を学びます。将来、病院や学校、保育園や高齢者施設、企業、国や自治体、保健所・保健センターや地域などで、周囲と連携をとりながら健康づくり支援のための食育を実践できる人材を養成しています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「自然資源経営学実務演習」のプログラムのなかでは、地域資源を生かし、ストーリー性を持たせた食育イベントを企画・運営しています。学生は消費者と生産者をつなぐ架け橋になり、新たな需要を掘り起こします。

生物産業学部

自然資源経営学科

「自然資源経営学実務演習」のプログラムのなかでは、地域資源を生かし、ストーリー性を持たせた食育イベントを企画・運営しています。学生は消費者と生産者をつなぐ架け橋になり、新たな需要を掘り起こします。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「環境教育学」では、持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)の概念や知識、教育プログラム立案の技術を修得します。講義の中では実践事例として地域と食育教育をについて解説をしています。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「環境教育学」では、持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)の概念や知識、教育プログラム立案の技術を修得します。講義の中では実践事例として地域と食育教育をについて解説をしています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科では、食品の情報を正しく扱い、食品の安全性や機能性食品の信頼性を正しく判断するために必要な知識を学び、「食品を正しく扱うエキスパート」を育成します。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品安全健康学科では、食品の情報を正しく扱い、食品の安全性や機能性食品の信頼性を正しく判断するために必要な知識を学び、「食品を正しく扱うエキスパート」を育成します。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は、衣食住の全てにわたり人間の生活を支えています。その中で「食」に関わる側面に注目することも極めて重要です。地域の伝統食を見つめ、一方で新たな機能性を発見・解明すること等についても幅広く取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は、衣食住の全てにわたり人間の生活を支えています。その中で「食」に関わる側面に注目することも極めて重要です。地域の伝統食を見つめ、一方で新たな機能性を発見・解明すること等についても幅広く取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食農教育研究室」では、食品の生産から加工、販売、消費までを学べる食農科学科の中でも特に、食育や食での地方活性化に力を入れて学ぶことができます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食農教育研究室」では、食品の生産から加工、販売、消費までを学べる食農科学科の中でも特に、食育や食での地方活性化に力を入れて学ぶことができます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll