アナタが選んだキーワード

「国際農業」を学べる学科

国際農業に関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

国際食農科学科

アフリカ地域の食習慣や食文化に適応した栄養評価法の確立についての研究も行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

アフリカ地域の食習慣や食文化に適応した栄養評価法の確立についての研究も行っています。

地域環境科学部

森林総合科学科

経済の循環は地球規模の広がりをもっています。森林保全と調和した林業の在り方を考えていきます。環境を護りつつ、地域の経済にも寄与する林業の在り方と林産物の国際貿易の在り方を考え、国際条約等、国際的な取り決めについて教育と研究の内容としています。

地域環境科学部

森林総合科学科

経済の循環は地球規模の広がりをもっています。森林保全と調和した林業の在り方を考えていきます。環境を護りつつ、地域の経済にも寄与する林業の在り方と林産物の国際貿易の在り方を考え、国際条約等、国際的な取り決めについて教育と研究の内容としています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「地域社会経済研究室」は、国内やアジアなどの海外のフィールドに赴き、地域の生産や暮らしを肌で感じ、地域の人々と対話しながら学ぶことを重視しています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「地域社会経済研究室」は、国内やアジアなどの海外のフィールドに赴き、地域の生産や暮らしを肌で感じ、地域の人々と対話しながら学ぶことを重視しています。

生物産業学部

北方圏農学科

北海道オホーツクキャンパスと同緯度には米国やフランス、ロシアなどの農業が盛んで自然も豊かな国々が含まれ、北方圏農学科での学びは世界で通用するものと考えています。温暖化に起因するモンゴルの農地問題を現地の研究者と協力して解決するプロジェクトも進行しています。

生物産業学部

北方圏農学科

北海道オホーツクキャンパスと同緯度には米国やフランス、ロシアなどの農業が盛んで自然も豊かな国々が含まれ、北方圏農学科での学びは世界で通用するものと考えています。温暖化に起因するモンゴルの農地問題を現地の研究者と協力して解決するプロジェクトも進行しています。

地域環境科学部

生産環境工学科

非常に過酷な気象環境で農作は不可能と言われるジブチ共和国で砂漠緑化の研究を継続中です。利用可能な地下水の特定や潜在緑地マップの作成、土壌の保水性の改善、節水灌漑技術の開発などを通してジブチの持続的な農業振興に貢献しています。

地域環境科学部

生産環境工学科

非常に過酷な気象環境で農作は不可能と言われるジブチ共和国で砂漠緑化の研究を継続中です。利用可能な地下水の特定や潜在緑地マップの作成、土壌の保水性の改善、節水灌漑技術の開発などを通してジブチの持続的な農業振興に貢献しています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「バイオビジネス実地研修」では、2年次の夏休みを利用して食料の生産・流通・加工・食品関連企業の現場を体験できます。国内では北海道から沖縄県までの11か所で、海外ではフィリピン・インドネシアの2か国で卒業生が経営する企業や農場を中心に多様な研修を行います。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「バイオビジネス実地研修」では、2年次の夏休みを利用して食料の生産・流通・加工・食品関連企業の現場を体験できます。国内では北海道から沖縄県までの11か所で、海外ではフィリピン・インドネシアの2か国で卒業生が経営する企業や農場を中心に多様な研修を行います。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。実践的な農業技術を体系的に学べるよう、1~3年次には「国内および海外農業実習」を配置しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際農業開発学科では、環境に配慮した農業・農村開発を推進するために必要な教育・研究を行い、グローバルな視点で農業開発を実践する人材育成を目指しています。実践的な農業技術を体系的に学べるよう、1~3年次には「国内および海外農業実習」を配置しています。

応用生物学部

農芸化学科

海外からの大学院生や研修生を受け入れ、出身国の農業の発展へ繋げる農芸化学分野での知識や技術を教授しています。

応用生物学部

農芸化学科

海外からの大学院生や研修生を受け入れ、出身国の農業の発展へ繋げる農芸化学分野での知識や技術を教授しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll