アナタが選んだキーワード

「食品ロス」を学べる学科

食品ロスに関する研究をしている学科はこちら

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では我々にとって有益な成分はもちろん、毒素のような特殊な機能性成分をも活用した「次世代機能性食品」や「次世代コスメ」の開発につながる研究を行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では我々にとって有益な成分はもちろん、毒素のような特殊な機能性成分をも活用した「次世代機能性食品」や「次世代コスメ」の開発につながる研究を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「家畜生産管理学研究室」では、未利用資源(デンプン粕など)を使用した栄養価が高く家畜が好む自給飼料を生産するための研究や人工授精や受精卵移植で能力の高い乳牛や肉牛を効率的に生産するための繁殖技術研究などを行い、動物の生産と管理技術を追及しています。

生物産業学部

北方圏農学科

「家畜生産管理学研究室」では、未利用資源(デンプン粕など)を使用した栄養価が高く家畜が好む自給飼料を生産するための研究や人工授精や受精卵移植で能力の高い乳牛や肉牛を効率的に生産するための繁殖技術研究などを行い、動物の生産と管理技術を追及しています。

農学部

農学科

農家さんが長年掛けて育てた樹から収穫リンゴなど果実を鮮度とおいしさをそのままに消費者に周年届ける鮮度保持技術を進化させることで、収穫後の廃棄もなくなり、生産者、消費者の双方が笑顔になる食品ロスを減らす研究に取り組んでいます。

農学部

農学科

農家さんが長年掛けて育てた樹から収穫リンゴなど果実を鮮度とおいしさをそのままに消費者に周年届ける鮮度保持技術を進化させることで、収穫後の廃棄もなくなり、生産者、消費者の双方が笑顔になる食品ロスを減らす研究に取り組んでいます。

応用生物学部

醸造科学科

醸造・食品工業などから排出される排水・廃棄物の微生物による処理技術の開発、環境浄化過程における細菌・カビ・酵母・原生動物・後生動物の役割の解明について研究しています。

応用生物学部

醸造科学科

醸造・食品工業などから排出される排水・廃棄物の微生物による処理技術の開発、環境浄化過程における細菌・カビ・酵母・原生動物・後生動物の役割の解明について研究しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業環境科学研究室」では食品ロス削減のために、農産物生産者、食品小売、外食などで抱えている問題点を文献調査やインタビューで明らかにし、海外の事例も参考に消費者に必要な情報発信や仕組みを考え、企業や自治体とのコラボレーションを通した研究活動をしています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業環境科学研究室」では食品ロス削減のために、農産物生産者、食品小売、外食などで抱えている問題点を文献調査やインタビューで明らかにし、海外の事例も参考に消費者に必要な情報発信や仕組みを考え、企業や自治体とのコラボレーションを通した研究活動をしています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営管理研究室」では、食品ロスを削減するための農業・製造業・卸売業・小売業・外食産業といった事業系の取り組みと、各家庭や自治体・行政といった生活系の取り組みを多面的に学ぶことで、社会全体の食品ロス削減策を総合的に考察・提案しています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営管理研究室」では、食品ロスを削減するための農業・製造業・卸売業・小売業・外食産業といった事業系の取り組みと、各家庭や自治体・行政といった生活系の取り組みを多面的に学ぶことで、社会全体の食品ロス削減策を総合的に考察・提案しています。

農学部

デザイン農学科

これまで捨てられていた未利用資源を活用した食品のデザインに取り組んでいます。地域や企業との共同開発を推進し新たな価値を持った加工食品を創出したり、研究成果を基に新たな食品をデザインするなどの研究を行っています。

農学部

デザイン農学科

これまで捨てられていた未利用資源を活用した食品のデザインに取り組んでいます。地域や企業との共同開発を推進し新たな価値を持った加工食品を創出したり、研究成果を基に新たな食品をデザインするなどの研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

食品加工で廃棄される未利用資源を有効利用するため、未利用資源の食品機能を評価し生体制御機構の解明を目指す「栄養生化学研究室」や、食品利用への応用を目指す「食料資源理化学研究室」のほか、未利用資源から化粧品素材の探索を行う「生物制御化学研究室」があります。

応用生物学部

農芸化学科

食品加工で廃棄される未利用資源を有効利用するため、未利用資源の食品機能を評価し生体制御機構の解明を目指す「栄養生化学研究室」や、食品利用への応用を目指す「食料資源理化学研究室」のほか、未利用資源から化粧品素材の探索を行う「生物制御化学研究室」があります。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、経済学的な手法を用いて、地球温暖化や海洋汚染など世界規模の環境問題から、地域・事業者に関わる廃棄物の有効活用、家庭での食品ロスの削減など、幅広い分野の課題にアプローチし、有効な資源・環境保全政策に資することを目的に研究を行っています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「環境経済研究室」では、経済学的な手法を用いて、地球温暖化や海洋汚染など世界規模の環境問題から、地域・事業者に関わる廃棄物の有効活用、家庭での食品ロスの削減など、幅広い分野の課題にアプローチし、有効な資源・環境保全政策に資することを目的に研究を行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

食品ロスを再利用する昆虫生産システムを開発し、大量生産したたんぱく質を食品3Dプリンターで新食品にすることを目指す研究や、農産物・食品の品質を高め、安全な状態で消費者に届けるための物理的な加工および流通技術に関する研究などを行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

食品ロスを再利用する昆虫生産システムを開発し、大量生産したたんぱく質を食品3Dプリンターで新食品にすることを目指す研究や、農産物・食品の品質を高め、安全な状態で消費者に届けるための物理的な加工および流通技術に関する研究などを行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll