アナタが選んだキーワード

「政策」を学べる学科

政策に関する研究をしている学科はこちら

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

食料環境経済学科の講義では、食料品や農産物の生産から流通・マーケティング、そしてそれを取り巻く制度や政府による政策まで、食を支える社会の仕組みを総合的に学び、ゼミ・研究室ではより高度な専門教育を少人数で行います。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

食料環境経済学科の講義では、食料品や農産物の生産から流通・マーケティング、そしてそれを取り巻く制度や政府による政策まで、食を支える社会の仕組みを総合的に学び、ゼミ・研究室ではより高度な専門教育を少人数で行います。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食農文化・政策研究室」では、これからの食農文化の創造をコーディネートするのに必要な政策や法制度、食品流通・マーケティングなど、食農経済全般にかかわる研究を行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食農文化・政策研究室」では、これからの食農文化の創造をコーディネートするのに必要な政策や法制度、食品流通・マーケティングなど、食農経済全般にかかわる研究を行っています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営組織研究室」では、ビジネス法制度やコーポレートガバナンス及び企業倫理・企業の社会的責任などのほか、農業経営政策を中心とした政策研究を行っています。

国際食料情報学部

国際バイオビジネス

「経営組織研究室」では、ビジネス法制度やコーポレートガバナンス及び企業倫理・企業の社会的責任などのほか、農業経営政策を中心とした政策研究を行っています。

地域環境科学部

森林総合科学科

人々が森林の恵みを持続的に享受し続けるために必要な社会の制度整備について考究します。森林と人々との多様な関係の記録・整理・分析を通じ、森林の利用と保全に関する社会制度を研究し、成果を教育に活用しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

人々が森林の恵みを持続的に享受し続けるために必要な社会の制度整備について考究します。森林と人々との多様な関係の記録・整理・分析を通じ、森林の利用と保全に関する社会制度を研究し、成果を教育に活用しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業開発経済学研究室」では、主にアフリカ諸国に力点を置き、途上国の貧困問題、世界の食料安全保障、農産物貿易と農業発展、農業・農村開発協力などを、農業開発経済学の視点から研究します。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「農業開発経済学研究室」では、主にアフリカ諸国に力点を置き、途上国の貧困問題、世界の食料安全保障、農産物貿易と農業発展、農業・農村開発協力などを、農業開発経済学の視点から研究します。

生物産業学部

自然資源経営学科

「地域活性化システム論」の授業では、地域再生への政策の現状と課題を検証し、ものづくりの視点から農・林・水産業、地場商・工業などのオホーツク地域の産業特性を生かした地域再生の道を政策提案していきます。

生物産業学部

自然資源経営学科

「地域活性化システム論」の授業では、地域再生への政策の現状と課題を検証し、ものづくりの視点から農・林・水産業、地場商・工業などのオホーツク地域の産業特性を生かした地域再生の道を政策提案していきます。

地域環境科学部

造園科学科

造園科学科の卒業生の多くは、造園家や都市・地域の環境創成に関わる専門技術者として活躍しています。環境・緑化行政や都市計画・土木・環境・造園領域の調査計画設計を行うコンサルタントなど、みどりやまちづくりに関連する専門技術者として活躍しています。

地域環境科学部

造園科学科

造園科学科の卒業生の多くは、造園家や都市・地域の環境創成に関わる専門技術者として活躍しています。環境・緑化行政や都市計画・土木・環境・造園領域の調査計画設計を行うコンサルタントなど、みどりやまちづくりに関連する専門技術者として活躍しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

「地域デザイン学研究室」では、地域のコミュニティ創造や自然と共存するマネジメントのあり方、世界遺産・世界農業遺産・自然公園等の自然環境保全の施策や環境教育プログラムの研究を行い、環境にやさしい社会が経済を動かす文化構築に貢献していきます。

地域環境科学部

地域創成科学科

「地域デザイン学研究室」では、地域のコミュニティ創造や自然と共存するマネジメントのあり方、世界遺産・世界農業遺産・自然公園等の自然環境保全の施策や環境教育プログラムの研究を行い、環境にやさしい社会が経済を動かす文化構築に貢献していきます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll