アナタが選んだキーワード

「きのこ」を学べる学科

きのこに関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

醸造科学科

「微生物工学研究室」では、きのこを利用する発酵食品の開発にも取り組んでいます。

応用生物学部

醸造科学科

「微生物工学研究室」では、きのこを利用する発酵食品の開発にも取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、きのこの細菌病害について、病原菌が生産する病原因子の探索や生物農薬の開発のための有用微生物の探索やその病害抑制メカニズムの解析を進めています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、きのこの細菌病害について、病原菌が生産する病原因子の探索や生物農薬の開発のための有用微生物の探索やその病害抑制メカニズムの解析を進めています。

生命科学部

分子生命化学科

「分析化学研究室」では、動植物や微生物(細菌やカビ)、きのこ類が生産する物質の構造や役割について研究を行っています。

生命科学部

分子生命化学科

「分析化学研究室」では、動植物や微生物(細菌やカビ)、きのこ類が生産する物質の構造や役割について研究を行っています。

農学部

農学科

研究対象の微生物は、菌類(卵菌、カビ、きのこ)、細菌(バクテリア)、ウイルス、ウイロイドなどがあり、PCRを駆使した遺伝子研究や、培地上での薬剤耐性実験、温室と圃場を利用した病害防除試験などの多様な研究に取り組んでいます。

農学部

農学科

研究対象の微生物は、菌類(卵菌、カビ、きのこ)、細菌(バクテリア)、ウイルス、ウイロイドなどがあり、PCRを駆使した遺伝子研究や、培地上での薬剤耐性実験、温室と圃場を利用した病害防除試験などの多様な研究に取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこは、森林の世代交代を中継する重要な役割をもつ存在です。森林の成立に果たすきのこの役割とその仕組みを解明するとともに、きのこのもつ栄養価や薬効等にも注目しています。さらにはきのこの生産を通じた農山村社会の振興等も教育と研究の内容としています。

地域環境科学部

森林総合科学科

きのこは、森林の世代交代を中継する重要な役割をもつ存在です。森林の成立に果たすきのこの役割とその仕組みを解明するとともに、きのこのもつ栄養価や薬効等にも注目しています。さらにはきのこの生産を通じた農山村社会の振興等も教育と研究の内容としています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「きのこ」や「ハーブ」などの天然素材の成分研究を行うことで、その隠された能力を明らかにし疾病予防など健康につながる新たな可能性を提供しています。特に肥満・糖尿病などの生活習慣病やアルツハイマー病のような神経疾患に対する作用に力を入れています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「きのこ」や「ハーブ」などの天然素材の成分研究を行うことで、その隠された能力を明らかにし疾病予防など健康につながる新たな可能性を提供しています。特に肥満・糖尿病などの生活習慣病やアルツハイマー病のような神経疾患に対する作用に力を入れています。

生物産業学部

北方圏農学科

神出鬼没に現れる「きのこ」は、土の中では木材の分解者や樹木の共生相手として、生態系内で栄養を循環させる原動力となっています。生態系保全学研究室では、きのこ(菌類)が豊富なオホーツクの森林で、地下に隠されたきのこ(菌類)の、生理生態学的な機能の解明に迫ります。

生物産業学部

北方圏農学科

神出鬼没に現れる「きのこ」は、土の中では木材の分解者や樹木の共生相手として、生態系内で栄養を循環させる原動力となっています。生態系保全学研究室では、きのこ(菌類)が豊富なオホーツクの森林で、地下に隠されたきのこ(菌類)の、生理生態学的な機能の解明に迫ります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll