アナタが選んだキーワード

「ドローン」を学べる学科

ドローンに関する研究をしている学科はこちら

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の保全と利用とのバランスをはかり、森林からの恩恵を永続的に享受し続けるためには、森林の観察・計測を欠かすことはできません。伝統的な技術から最新の技術に至るまで、幅広い知恵と技術とを教育・研究に取り込んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林の保全と利用とのバランスをはかり、森林からの恩恵を永続的に享受し続けるためには、森林の観察・計測を欠かすことはできません。伝統的な技術から最新の技術に至るまで、幅広い知恵と技術とを教育・研究に取り込んでいます。

地域環境科学部

生産環境工学科

ドローンや衛星画像・地理情報を駆使し、環境モニタリングに貢献する技術の開発や、ドローンを用いた農地・施設の機能診断などの研究、新しい発想のNA-アグリテックドローン開発などを行っています。

地域環境科学部

生産環境工学科

ドローンや衛星画像・地理情報を駆使し、環境モニタリングに貢献する技術の開発や、ドローンを用いた農地・施設の機能診断などの研究、新しい発想のNA-アグリテックドローン開発などを行っています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、高頻度・中分解能衛星データとドローンのAI活用による農業生産の可視化をを行って、施肥管理の適正化を行い、農業経営の効率化や高付加価値化を目指した研究を行っています。

生物産業学部

自然資源経営学科

「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」では、高頻度・中分解能衛星データとドローンのAI活用による農業生産の可視化をを行って、施肥管理の適正化を行い、農業経営の効率化や高付加価値化を目指した研究を行っています。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏生態学研究室」では、目の前に広がるオホーツク海沿岸域を主な研究フィールドとして、人工衛星やドローンをいった上空からのデータによる工学的視点など、さまざまなアプローチでオホーツクの海の豊かさを支える仕組みの解明を研究しています。

生物産業学部

海洋水産学科

「水圏生態学研究室」では、目の前に広がるオホーツク海沿岸域を主な研究フィールドとして、人工衛星やドローンをいった上空からのデータによる工学的視点など、さまざまなアプローチでオホーツクの海の豊かさを支える仕組みの解明を研究しています。

地域環境科学部

造園科学科

「ランドスケープデザイン・情報学研究室」では、小空間から数百haの都市まで幅広いスケールにおける調査・計画・設計理論と技術の探求、さらにはICTやGISによる分析、視覚化、空間の質を検証するシミュレーション解析などのデジタル技術を利活用します。

地域環境科学部

造園科学科

「ランドスケープデザイン・情報学研究室」では、小空間から数百haの都市まで幅広いスケールにおける調査・計画・設計理論と技術の探求、さらにはICTやGISによる分析、視覚化、空間の質を検証するシミュレーション解析などのデジタル技術を利活用します。

地域環境科学部

地域創成科学科

地域創成科学科のフィールド研究では、植生調査や、ドローンを用いた土地利用把握、農業用水路の取水口からのうちに至るまでの水路調査なども行います。

地域環境科学部

地域創成科学科

地域創成科学科のフィールド研究では、植生調査や、ドローンを用いた土地利用把握、農業用水路の取水口からのうちに至るまでの水路調査なども行います。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll