アナタが選んだキーワード

「ストレス」を学べる学科

ストレスに関する研究をしている学科はこちら

農学部

動物科学科

「動物生殖学研究室」は、動物の生命の成り立ち(生殖細胞・受精・胚発生)から妊娠や子育てなどの仕組みや、それらの生命現象に対する加齢・ストレス・疾患による影響を分子レベルで解明し、生殖寿命に係る様々な問題を解決するための手法や技術の開発を目指すします。

農学部

動物科学科

「動物生殖学研究室」は、動物の生命の成り立ち(生殖細胞・受精・胚発生)から妊娠や子育てなどの仕組みや、それらの生命現象に対する加齢・ストレス・疾患による影響を分子レベルで解明し、生殖寿命に係る様々な問題を解決するための手法や技術の開発を目指すします。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子組換えやゲノム編集等の先端的なゲノム操作技術を取り入れた育種システムを開発し、生産性、ストレス耐性、作物の品質等を飛躍的に高めた新しい作物開発に貢献することを目指す「植物分子育種学研究室」などがあります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

遺伝子組換えやゲノム編集等の先端的なゲノム操作技術を取り入れた育種システムを開発し、生産性、ストレス耐性、作物の品質等を飛躍的に高めた新しい作物開発に貢献することを目指す「植物分子育種学研究室」などがあります。

生命科学部

分子微生物学科

ヒトの腸内で活躍する嫌気性菌(クロストリジウム菌やビフィズス菌)はO2や活性酸素が原因で生育を停止しますが、その分子機構は未だ不明です。分子微生物学科では医学・健康分野への貢献を目的として嫌気性細菌のO2や活性酸素による生育阻害機構の解明を目指しています。

生命科学部

分子微生物学科

ヒトの腸内で活躍する嫌気性菌(クロストリジウム菌やビフィズス菌)はO2や活性酸素が原因で生育を停止しますが、その分子機構は未だ不明です。分子微生物学科では医学・健康分野への貢献を目的として嫌気性細菌のO2や活性酸素による生育阻害機構の解明を目指しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は木材生産や環境保全の役割のみならず、保健休養の効果も有しています。現代社会は、日常的に心身にストレスを抱える人が増え、森林がもたらすこうした効果にも注目し、教育と研究が進められています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は木材生産や環境保全の役割のみならず、保健休養の効果も有しています。現代社会は、日常的に心身にストレスを抱える人が増え、森林がもたらすこうした効果にも注目し、教育と研究が進められています。

応用生物学部

農芸化学科

植物は根を下ろした環境で、最大の効率で光合成を行い、地球上の生命を支えています。しかし、塩害、重金属過剰、鉄欠乏、肥料の過不足が作物生産を低下させる要因となります。これら環境ストレスにどう植物が立ち向かうのか、「植物生産化学研究室」は解明に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

植物は根を下ろした環境で、最大の効率で光合成を行い、地球上の生命を支えています。しかし、塩害、重金属過剰、鉄欠乏、肥料の過不足が作物生産を低下させる要因となります。これら環境ストレスにどう植物が立ち向かうのか、「植物生産化学研究室」は解明に取り組んでいます。

応用生物学部

食品安全健康学科

「生理機能学研究室」では、代謝疾患モデル・遺伝子改変動物および培養細胞を用いて、骨代謝・脂質代謝の制御、組織・臓器間における代謝情報ネットワークの調節、酸化ストレスとレドックスホメオスタシスなどの面から、食品因子の生体調節機能を解明します。

応用生物学部

食品安全健康学科

「生理機能学研究室」では、代謝疾患モデル・遺伝子改変動物および培養細胞を用いて、骨代謝・脂質代謝の制御、組織・臓器間における代謝情報ネットワークの調節、酸化ストレスとレドックスホメオスタシスなどの面から、食品因子の生体調節機能を解明します。

農学部

デザイン農学科

動植物の関わりが持つ療法的効果を活用する生物介在療法が医療や福祉の現場で注目されています。動物介在療法と植物介在療法に大別され、デザイン農学科ではホースセラピーと園芸療法について実践的に学びます。

農学部

デザイン農学科

動植物の関わりが持つ療法的効果を活用する生物介在療法が医療や福祉の現場で注目されています。動物介在療法と植物介在療法に大別され、デザイン農学科ではホースセラピーと園芸療法について実践的に学びます。

地域環境科学部

造園科学科

植物にとって都市環境は,ストレスの溜まり場ともいえるでしょう。低温や高温,乾燥や滞水・冠水,栄養不足や日照不足など,様々な環境ストレスに対する生育反応を調べて,造園に生かしています。

地域環境科学部

造園科学科

植物にとって都市環境は,ストレスの溜まり場ともいえるでしょう。低温や高温,乾燥や滞水・冠水,栄養不足や日照不足など,様々な環境ストレスに対する生育反応を調べて,造園に生かしています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll