アナタが選んだキーワード

「微生物」を学べる学科

微生物に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

分子微生物学科

微生物そのものを有用な天然資源として捉え発見・機能解析を行う「微生物機能分野」と微生物と微生物、または動植物との関係の研究を行う「生物間相互作用分野」の2分野5研究室の体制で学ぶことができます。

生命科学部

分子微生物学科

微生物そのものを有用な天然資源として捉え発見・機能解析を行う「微生物機能分野」と微生物と微生物、または動植物との関係の研究を行う「生物間相互作用分野」の2分野5研究室の体制で学ぶことができます。

農学部

デザイン農学科

微生物の食品分野での利用について研究する「食資源利用学研究室」があります。講義「食品微生物学」では食品の加工ならびに品質管理において重要な有用微生物と有害微生物について学びます。

農学部

デザイン農学科

微生物の食品分野での利用について研究する「食資源利用学研究室」があります。講義「食品微生物学」では食品の加工ならびに品質管理において重要な有用微生物と有害微生物について学びます。

応用生物学部

醸造科学科

醸造学は微生物のもつ機能を活用して、食品の世界をはじめ、人々に豊かで安全な生活を提供してきたクリエイティブな学問です。近年、この微生物の機能は環境の浄化やエネルギー開発の世界でも広く応用されようとしています。

応用生物学部

醸造科学科

醸造学は微生物のもつ機能を活用して、食品の世界をはじめ、人々に豊かで安全な生活を提供してきたクリエイティブな学問です。近年、この微生物の機能は環境の浄化やエネルギー開発の世界でも広く応用されようとしています。

農学部

動物科学科

動物微生物学では、家畜や伴侶動物等に疾病をひきおこす病原微生物のほか、公衆衛生上重要となる、動物からヒト(人畜共通感染症)あるいは食品・環境を介してヒトへ感染する細菌やウィルス等の病原微生物に関する講義を行っています。

農学部

動物科学科

動物微生物学では、家畜や伴侶動物等に疾病をひきおこす病原微生物のほか、公衆衛生上重要となる、動物からヒト(人畜共通感染症)あるいは食品・環境を介してヒトへ感染する細菌やウィルス等の病原微生物に関する講義を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、分子生物学、生化学、天然物化学、免疫学などの知識や手法を駆使し、食品に由来する微生物や動植物に共生する微生物が有する機能を利用する、或いは新たな機能を付与することで、人の健康や生産活動に資する微生物学研究も行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「応用微生物学研究室」では、分子生物学、生化学、天然物化学、免疫学などの知識や手法を駆使し、食品に由来する微生物や動植物に共生する微生物が有する機能を利用する、或いは新たな機能を付与することで、人の健康や生産活動に資する微生物学研究も行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

菌の感染によって病気になるのはヒトだけではなく、植物も同じ。農業上の大問題です。ジャガイモそうか病(放線菌感染による病気)、シストセンチュウによるジャガイモ被害など重要な作物病害の発症と防除の研究に取り組んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

菌の感染によって病気になるのはヒトだけではなく、植物も同じ。農業上の大問題です。ジャガイモそうか病(放線菌感染による病気)、シストセンチュウによるジャガイモ被害など重要な作物病害の発症と防除の研究に取り組んでいます。

生物産業学部

食香粧化学科

食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し、体に良い食品開発に取り組む「食の化学研究室」や、毒素のような特殊な機能性成分の利活用開発につながる研究を行う「生物資源化学研究室」があります。

生物産業学部

食香粧化学科

食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し、体に良い食品開発に取り組む「食の化学研究室」や、毒素のような特殊な機能性成分の利活用開発につながる研究を行う「生物資源化学研究室」があります。

応用生物学部

食品安全健康学科

微生物が生産する酵素の有効利用などについて研究する「食品利用案全学研究室」や、中にはより強い生理活性により病態からの改善効果などが期待される有微生物の産生する二次代謝産物を正しく評価する研究を行う「分子機能学研究室」などがあります。

応用生物学部

食品安全健康学科

微生物が生産する酵素の有効利用などについて研究する「食品利用案全学研究室」や、中にはより強い生理活性により病態からの改善効果などが期待される有微生物の産生する二次代謝産物を正しく評価する研究を行う「分子機能学研究室」などがあります。

生物産業学部

海洋水産学科

講義「海洋水産基礎実験」では、魚介類の解剖、水質の測定、微生物の分離、遺伝子による種同定や雌雄の判別、プランクトンの定量方法や藻類の分類・形態観察など、各研究室のテーマを横断的に実験します。

生物産業学部

海洋水産学科

講義「海洋水産基礎実験」では、魚介類の解剖、水質の測定、微生物の分離、遺伝子による種同定や雌雄の判別、プランクトンの定量方法や藻類の分類・形態観察など、各研究室のテーマを横断的に実験します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

微生物ならではのゲノム工学や合成生物学的手法を駆使しゲノムをデザインし幅広い領域に役立つ新規有用物質生産システムの確立、有効細胞工場の工場の構築を目指す「細胞ゲノム生物学研究室」などの研究室があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

微生物ならではのゲノム工学や合成生物学的手法を駆使しゲノムをデザインし幅広い領域に役立つ新規有用物質生産システムの確立、有効細胞工場の工場の構築を目指す「細胞ゲノム生物学研究室」などの研究室があります。

農学部

農学科

多様な性質の微生物の検出・同定・分類、生理・生態・機能や遺伝的多様性を解明し、周辺環境と調和した病害発生の少ない生産環境の創出する研究や、微生物、微小動物や周辺植物の機能を有効利用するための土壌環境を解析し、生産現場に活用する応用技術の開発などを行っています。

農学部

農学科

多様な性質の微生物の検出・同定・分類、生理・生態・機能や遺伝的多様性を解明し、周辺環境と調和した病害発生の少ない生産環境の創出する研究や、微生物、微小動物や周辺植物の機能を有効利用するための土壌環境を解析し、生産現場に活用する応用技術の開発などを行っています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は、植物・動物・多様な微生物が、周囲の無機的環境と相互に作用して物質・エネルギーを循環させているシステムです。生態系における微生物の役割、人間にとって有用な微生物の活用等、幅広く教育と研究とに組み込んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林は、植物・動物・多様な微生物が、周囲の無機的環境と相互に作用して物質・エネルギーを循環させているシステムです。生態系における微生物の役割、人間にとって有用な微生物の活用等、幅広く教育と研究とに組み込んでいます。

地域環境科学部

生産環境工学科

農村における微生物燃料電池のシステム開発を行っています。農村の農地土壌やため池の底泥などは、微生物の宝庫です。微生物燃料電池により電力の生産と同時に、水質浄化やリン資源回収も可能となります。

地域環境科学部

生産環境工学科

農村における微生物燃料電池のシステム開発を行っています。農村の農地土壌やため池の底泥などは、微生物の宝庫です。微生物燃料電池により電力の生産と同時に、水質浄化やリン資源回収も可能となります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll