アナタが選んだキーワード

「医療」を学べる学科

医療に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

分子微生物学科

分子レベルでの網羅的な解析など技術革新は日進月歩。先端科学の力で日々追求し、医療や創薬、動植物の健康、地球環境の維持・保全などに研究を生かし、広く社会に貢献することを目的としています。

生命科学部

分子微生物学科

分子レベルでの網羅的な解析など技術革新は日進月歩。先端科学の力で日々追求し、医療や創薬、動植物の健康、地球環境の維持・保全などに研究を生かし、広く社会に貢献することを目的としています。

応用生物学部

栄養科学科

「農学」と「医学」の領域を融合させた高度な専門的知識と技術を兼ね備え、人々の健康の保持、増進、疾病の予防・改善、生活の室の向上に貢献できる人材を育成しています。

応用生物学部

栄養科学科

「農学」と「医学」の領域を融合させた高度な専門的知識と技術を兼ね備え、人々の健康の保持、増進、疾病の予防・改善、生活の室の向上に貢献できる人材を育成しています。

農学部

動物科学科

長年の技術やノウハウの蓄積を応用し、人間の生殖医療の発展に貢献していくのも、この学科の使命といえるでしょう。豊富な実験の経験によって培った技術を活かし、産婦人科などの生殖医療の分野で活躍する卒業生も多数います。

農学部

動物科学科

長年の技術やノウハウの蓄積を応用し、人間の生殖医療の発展に貢献していくのも、この学科の使命といえるでしょう。豊富な実験の経験によって培った技術を活かし、産婦人科などの生殖医療の分野で活躍する卒業生も多数います。

生物産業学部

北方圏農学科

「動物資源開発学研究室」では、マウスやラットなどのモデル動物から医療、畜産、動物保全へのアプローチとなる研究をしています。研究成果はヒトの生殖医療の技術開発や病気の原因となる遺伝子変異の解明に役立つ情報となります。

生物産業学部

北方圏農学科

「動物資源開発学研究室」では、マウスやラットなどのモデル動物から医療、畜産、動物保全へのアプローチとなる研究をしています。研究成果はヒトの生殖医療の技術開発や病気の原因となる遺伝子変異の解明に役立つ情報となります。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では生命現象の鍵となるさまざまな物質(生物活性物質)を研究対象としています。例えば抗がん・抗菌物質や医療用途の生体適合性材料をデザインしたり、化学的に合成するなど、医療に関わる研究も行われています。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学科では生命現象の鍵となるさまざまな物質(生物活性物質)を研究対象としています。例えば抗がん・抗菌物質や医療用途の生体適合性材料をデザインしたり、化学的に合成するなど、医療に関わる研究も行われています。

応用生物学部

食品安全健康学科

生活習慣病・抗アレルギー・骨粗鬆症・抗炎症・老化予防・床ずれ・食後高脂血症など、生命に直結する「食の安心・安全」および「食の機能と健康」を科学することをコンセプトとした研究テーマが多くあります。

応用生物学部

食品安全健康学科

生活習慣病・抗アレルギー・骨粗鬆症・抗炎症・老化予防・床ずれ・食後高脂血症など、生命に直結する「食の安心・安全」および「食の機能と健康」を科学することをコンセプトとした研究テーマが多くあります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

生物学にとどまることなく、医学、薬学、工学に至る応用にチャレンジすることができるのがバイオサイエンスの醍醐味です。薬のような商品、新しい病気の治療方法など、人類の変える最先端の研究に取り組んでみませんか?

生命科学部

バイオサイエンス学科

生物学にとどまることなく、医学、薬学、工学に至る応用にチャレンジすることができるのがバイオサイエンスの醍醐味です。薬のような商品、新しい病気の治療方法など、人類の変える最先端の研究に取り組んでみませんか?

応用生物学部

農芸化学科

農芸化学とは、私たちの生活に密接に関わる農業・食料・医療・環境といった分野における様々な課題を生物学的・化学的アプローチによって解決することを目指した学問です。

応用生物学部

農芸化学科

農芸化学とは、私たちの生活に密接に関わる農業・食料・医療・環境といった分野における様々な課題を生物学的・化学的アプローチによって解決することを目指した学問です。

生物産業学部

食香粧化学科

食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し体に良い食品開発に取り組む「食の化学研究室」や、オホーツクの生物資源から皮膚の健康に役立つ素材を見出し、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組む「生物資源化学研究室」などがあります。

生物産業学部

食香粧化学科

食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し体に良い食品開発に取り組む「食の化学研究室」や、オホーツクの生物資源から皮膚の健康に役立つ素材を見出し、その機能を生かしたスキンケア化粧品の開発・製造に取り組む「生物資源化学研究室」などがあります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll