アナタが選んだキーワード

「遺伝子」を学べる学科

遺伝子に関する研究をしている学科はこちら

農学部

生物資源開発学科

ゲノム情報を活用することで、遺伝子組み換え技術に限らず、生物の力を自在に制御し、品種開発を効率化する技術の開発に取り組んでいます。

農学部

生物資源開発学科

ゲノム情報を活用することで、遺伝子組み換え技術に限らず、生物の力を自在に制御し、品種開発を効率化する技術の開発に取り組んでいます。

生物産業学部

海洋水産学科

アザラシの骨格観察や集団における遺伝的特徴を調査する「海洋生物学研究室」、遺伝子を利用して種判別DNAマーカーの開発を行う「水圏生産科学研究室」、DNAから生態レベルまで幅広く天然資源や生息環境の保全を学ぶ「水産増殖学研究室」などがあります。

生物産業学部

海洋水産学科

アザラシの骨格観察や集団における遺伝的特徴を調査する「海洋生物学研究室」、遺伝子を利用して種判別DNAマーカーの開発を行う「水圏生産科学研究室」、DNAから生態レベルまで幅広く天然資源や生息環境の保全を学ぶ「水産増殖学研究室」などがあります。

農学部

動物科学科

「動物遺伝学研究室」では、動物が持つ有用遺伝子の探索および遺伝子情報を活用した新品種・系統の作出、改良、維持を目指しています。

農学部

動物科学科

「動物遺伝学研究室」では、動物が持つ有用遺伝子の探索および遺伝子情報を活用した新品種・系統の作出、改良、維持を目指しています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

農学部

デザイン農学科

昆虫が環境中の匂いを感じるメカニズムを遺伝子の機能から研究しています。研究成果を基に、匂いを使った環境に優しい昆虫の行動制御法の開発や、遺伝子の機能を利用した匂いバイオセンサの開発を行っています。

農学部

デザイン農学科

昆虫が環境中の匂いを感じるメカニズムを遺伝子の機能から研究しています。研究成果を基に、匂いを使った環境に優しい昆虫の行動制御法の開発や、遺伝子の機能を利用した匂いバイオセンサの開発を行っています。

応用生物学部

醸造科学科

麴菌と清酒品質との関における代謝物や酵素、遺伝子レベルから各種化合物の生成メカニズムの研究や、塾生チーズの中の微生物と成分生成との関連についての網羅的遺伝子解析と成分解析などの研究を行う研究室があります。

応用生物学部

醸造科学科

麴菌と清酒品質との関における代謝物や酵素、遺伝子レベルから各種化合物の生成メカニズムの研究や、塾生チーズの中の微生物と成分生成との関連についての網羅的遺伝子解析と成分解析などの研究を行う研究室があります。

生命科学部

バイオサイエンス学科

バイオサイエンス学科の研究キーワードは遺伝子です。様々な生物を研究対象にし、遺伝子の働きを理解し、遺伝子の未知なるパワーを操ります。食料、医療、環境保全などの人類の多くの問題を解決します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

バイオサイエンス学科の研究キーワードは遺伝子です。様々な生物を研究対象にし、遺伝子の働きを理解し、遺伝子の未知なるパワーを操ります。食料、医療、環境保全などの人類の多くの問題を解決します。

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、栄養素の過不足状態hが代謝などの生体へ及ぼす影響を実験動物をもちいて腎臓、骨を中心に他の栄養素の利用とホルモン作用、そして遺伝子発現制御と関連して検討しています。

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、栄養素の過不足状態hが代謝などの生体へ及ぼす影響を実験動物をもちいて腎臓、骨を中心に他の栄養素の利用とホルモン作用、そして遺伝子発現制御と関連して検討しています。

農学部

農学科

遺伝のしくみ、育種の方法、染色体観察、交配実験、DNA解析、植物組織培養、遺伝子導入等の植物育種の基盤となる知識や技術など高等植物の育種に係わる研究や、多様な性質を持つ微生物の検出・同定・分類、その生理・生態・機能や遺伝的多様性の解明などを行っています。

農学部

農学科

遺伝のしくみ、育種の方法、染色体観察、交配実験、DNA解析、植物組織培養、遺伝子導入等の植物育種の基盤となる知識や技術など高等植物の育種に係わる研究や、多様な性質を持つ微生物の検出・同定・分類、その生理・生態・機能や遺伝的多様性の解明などを行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「生物有機化学研究室」では、生物活性物質の生合成を司るタンパク質の探索・作用機構・関連遺伝子の解明を進めており、生命現象を化学的にコントロールすることにより、農業・医学・化学工業や環境問題などの諸分野に貢献することを目的としています。「植物生産化学研究室」では農業上有利な形質の原因遺伝子を、分子遺伝学的手法で追及しています。

応用生物学部

農芸化学科

「生物有機化学研究室」では、生物活性物質の生合成を司るタンパク質の探索・作用機構・関連遺伝子の解明を進めており、生命現象を化学的にコントロールすることにより、農業・医学・化学工業や環境問題などの諸分野に貢献することを目的としています。「植物生産化学研究室」では農業上有利な形質の原因遺伝子を、分子遺伝学的手法で追及しています。

生命科学部

分子微生物学科

遺伝子は多様な微生物の有用なまたは有害な性質に直結しています。しかし、すべての遺伝子が理解されてはいません。分子微生物学科では微生物の遺伝子を実験やパソコンでの解析で解明して遺伝子データから人の生活に役立つヒントを得ることも目指しています。

生命科学部

分子微生物学科

遺伝子は多様な微生物の有用なまたは有害な性質に直結しています。しかし、すべての遺伝子が理解されてはいません。分子微生物学科では微生物の遺伝子を実験やパソコンでの解析で解明して遺伝子データから人の生活に役立つヒントを得ることも目指しています。

生物産業学部

北方圏農学科

遺伝子の基礎から応用まで、分子生物学、細胞生物学、植物・動物バイオテクノロジー、遺伝学などの講義で勉強します。遺伝子組換え作物の作出と遺伝子解析手法を学んだり、ヒトの生殖医療の技術開発や病気の原因となる遺伝子変異の解明をしている研究室があります。

生物産業学部

北方圏農学科

遺伝子の基礎から応用まで、分子生物学、細胞生物学、植物・動物バイオテクノロジー、遺伝学などの講義で勉強します。遺伝子組換え作物の作出と遺伝子解析手法を学んだり、ヒトの生殖医療の技術開発や病気の原因となる遺伝子変異の解明をしている研究室があります。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

熱帯作物学研究室では、不良環境下における作物生産性を向上させることを目的にサトウキビやイネの育種に取り組んでいます。特に、乾燥など、種々の環境ストレスに耐性を持つ遺伝子源を活用した、品種改良を進めています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

熱帯作物学研究室では、不良環境下における作物生産性を向上させることを目的にサトウキビやイネの育種に取り組んでいます。特に、乾燥など、種々の環境ストレスに耐性を持つ遺伝子源を活用した、品種改良を進めています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する菌類・動物・植物等について、遺伝子レベルの解析を行い、その生息・分布構造を明らかにしたり、育種(品種改良)に役立てる等、幅広く教育と研究に組み込んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する菌類・動物・植物等について、遺伝子レベルの解析を行い、その生息・分布構造を明らかにしたり、育種(品種改良)に役立てる等、幅広く教育と研究に組み込んでいます。

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では、私たちの体やそれを構成する細胞と機能性成分との相互作用や、遺伝子・ゲノム解析によって、分子の細胞レベルから「美味しさ」や「美しさ」に迫ります。

生物産業学部

食香粧化学科

「生物資源化学研究室」では、私たちの体やそれを構成する細胞と機能性成分との相互作用や、遺伝子・ゲノム解析によって、分子の細胞レベルから「美味しさ」や「美しさ」に迫ります。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品の危険因子を検出して人体への影響を分析しその予防と改善の方法について遺伝子から個体レベルにまで検討する「食品安全科学分野」と、ヒトの健康保持・増進につながる食品機能を遺伝子から個体レベルまで解明する「健康機能科学分野」があります。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品の危険因子を検出して人体への影響を分析しその予防と改善の方法について遺伝子から個体レベルにまで検討する「食品安全科学分野」と、ヒトの健康保持・増進につながる食品機能を遺伝子から個体レベルまで解明する「健康機能科学分野」があります。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「保全生態学」では、農山村で保全が必須となっている生物多様性(種の多様性、遺伝的多様性、生態系の多様性)の定義と現状、保全のための理論と戦略、具体的な取り組みを学び、生態系機能を保全し、社会を持続的に発展させるための基礎的素養を習得します。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll