アナタが選んだキーワード

「おいしい」を学べる学科

おいしいに関する研究をしている学科はこちら

農学部

農学科

「ポストハーベスト学研究室」では、生産者が手塩に育てた果物、野菜、花などをとれたてに近いフレッシュな状態で消費者に届けるための研究をしています。

農学部

農学科

「ポストハーベスト学研究室」では、生産者が手塩に育てた果物、野菜、花などをとれたてに近いフレッシュな状態で消費者に届けるための研究をしています。

応用生物学部

栄養科学科

食材の物理・化学的変化、組織的変化の解明と人の間隔をベースにしたおいしさの評価法や利用特性などを研究する「フードマネジメント研究室」や、食の安全・安心を確保するための技術開発研究を行う「フードシステム管理学研究室」などがあります。

応用生物学部

栄養科学科

食材の物理・化学的変化、組織的変化の解明と人の間隔をベースにしたおいしさの評価法や利用特性などを研究する「フードマネジメント研究室」や、食の安全・安心を確保するための技術開発研究を行う「フードシステム管理学研究室」などがあります。

生命科学部

分子微生物学科

食品の機能性の一つとして嗜好性、つまり美味しさがあります。美味しさの根本は様々な物質であり、これらが相乗的に重なりあることでその美味しさが高まります。分子微生物学科では地域伝統発酵食品の微生物機能を解明することで美味しさを追求しています。

生命科学部

分子微生物学科

食品の機能性の一つとして嗜好性、つまり美味しさがあります。美味しさの根本は様々な物質であり、これらが相乗的に重なりあることでその美味しさが高まります。分子微生物学科では地域伝統発酵食品の微生物機能を解明することで美味しさを追求しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

各種のきのこや山菜類等の生産も森林の働きの一環です。それらの採取や加工、販売流通等に着目するとともに農家・林家の暮らしを支える食文化としても教育と研究の一環として位置づけています。

地域環境科学部

森林総合科学科

各種のきのこや山菜類等の生産も森林の働きの一環です。それらの採取や加工、販売流通等に着目するとともに農家・林家の暮らしを支える食文化としても教育と研究の一環として位置づけています。

地域環境科学部

生産環境工学科

農産物・食品の品質を高め、安全な状態で消費者に届けるための物理的な加工および流通技術に関する研究を行う「農産加工流通工学研究室」などがあります。またアグリテックとして、食品3Dプリンターで新しい昆虫食品を開発する「バイオロボティクス研究室」があります。

地域環境科学部

生産環境工学科

農産物・食品の品質を高め、安全な状態で消費者に届けるための物理的な加工および流通技術に関する研究を行う「農産加工流通工学研究室」などがあります。またアグリテックとして、食品3Dプリンターで新しい昆虫食品を開発する「バイオロボティクス研究室」があります。

農学部

デザイン農学科

食の栄養機能、嗜好機能、生体調節機能に加え、ヒトの心理に与える充足感が何に起因するのかを科学する「食機能科学研究室」や、先進的な食品加工技術である高圧処理を用いた食品の研究開発を行う「食資源利用学研究室」などがあります。

農学部

デザイン農学科

食の栄養機能、嗜好機能、生体調節機能に加え、ヒトの心理に与える充足感が何に起因するのかを科学する「食機能科学研究室」や、先進的な食品加工技術である高圧処理を用いた食品の研究開発を行う「食資源利用学研究室」などがあります。

生物産業学部

海洋水産学科

サクラマスの性フェロモンを活用した繁殖促進やオホーツクのハーブを利用したサーモン養殖の試みの他、肝機能を助けるシジミ、最近話題になったアサリ、学生バイトあってのホタテ、茹でると最高のホッカイエビなど、美味しい海産無脊椎動物の資源を守るための研究も盛り沢山です。

生物産業学部

海洋水産学科

サクラマスの性フェロモンを活用した繁殖促進やオホーツクのハーブを利用したサーモン養殖の試みの他、肝機能を助けるシジミ、最近話題になったアサリ、学生バイトあってのホタテ、茹でると最高のホッカイエビなど、美味しい海産無脊椎動物の資源を守るための研究も盛り沢山です。

応用生物学部

醸造科学科

「調味食品科学研究室」は、食のおいしさ、安全、健康を科学的に追及し、QOLの向上に資することを目的としています。

応用生物学部

醸造科学科

「調味食品科学研究室」は、食のおいしさ、安全、健康を科学的に追及し、QOLの向上に資することを目的としています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、「おいしさ」に関わる味や物性などに対し、多数の化合物がどのように相互に影響するのかを理解し、「おいしさ」を追究することで、新しいおいしい食品を創出したり、それを考えることができる教育、研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

「食料資源理化学研究室」では、「おいしさ」に関わる味や物性などに対し、多数の化合物がどのように相互に影響するのかを理解し、「おいしさ」を追究することで、新しいおいしい食品を創出したり、それを考えることができる教育、研究を行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

ビールの原料となるホップの香り生成について企業との共同研究や、エゾシカ肉の食味と飼料の関係、遺伝子マーカーを利用して有用な形質を有するエミューの選抜など、未来の食料生産に貢献する研究が多くあります。

生物産業学部

北方圏農学科

ビールの原料となるホップの香り生成について企業との共同研究や、エゾシカ肉の食味と飼料の関係、遺伝子マーカーを利用して有用な形質を有するエミューの選抜など、未来の食料生産に貢献する研究が多くあります。

農学部

動物科学科

生命の尊厳や倫理を学び、豊かな心を持ち、医・薬・理学の領域まで広がりを見せる生命科学関連及び良質で安全な食料を生産する生産科学領域で活躍できる人材を養成します。

農学部

動物科学科

生命の尊厳や倫理を学び、豊かな心を持ち、医・薬・理学の領域まで広がりを見せる生命科学関連及び良質で安全な食料を生産する生産科学領域で活躍できる人材を養成します。

応用生物学部

食品安全健康学科

味を感じさせる「味蕾細胞」は、再生を繰り返します。食品安全健康学科は、味蕾細胞を発見し、その培養に成功しました。培養味蕾細胞で、食品の味を客観的に評価することが期待されます。

応用生物学部

食品安全健康学科

味を感じさせる「味蕾細胞」は、再生を繰り返します。食品安全健康学科は、味蕾細胞を発見し、その培養に成功しました。培養味蕾細胞で、食品の味を客観的に評価することが期待されます。

生物産業学部

食香粧化学科

「美味しさの見える化」を特別なセンサーを用いて行ったり、「食品や化粧品に関する成分が製品や我々の体にどんな影響を与えるのか」を明らかにしたりなど、「美味しさ」や「美しさ」を分子レベルで解明する研究を行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「美味しさの見える化」を特別なセンサーを用いて行ったり、「食品や化粧品に関する成分が製品や我々の体にどんな影響を与えるのか」を明らかにしたりなど、「美味しさ」や「美しさ」を分子レベルで解明する研究を行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

フードスペシャリスト(FS)とは、食の本質が「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」にあることを学び、食に関する幅広い知識と技術を身に着けた食の専門家です。東京農業大学では唯一、国際食農科学科がFS養成機関として認められています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

フードスペシャリスト(FS)とは、食の本質が「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」にあることを学び、食に関する幅広い知識と技術を身に着けた食の専門家です。東京農業大学では唯一、国際食農科学科がFS養成機関として認められています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll