アナタが選んだキーワード

「アレルギー」を学べる学科

アレルギーに関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

栄養科学科

食品には人体に有用な成分だけでなくアレルギーや発がん性など人体に影響を及ぼす微量成分も存在します。「フードシステム管理学研究室」ではそれら微量成分を迅速・正確に測定するための分析技術の開発など食品の安全性に関する研究も行っています。

応用生物学部

栄養科学科

食品には人体に有用な成分だけでなくアレルギーや発がん性など人体に影響を及ぼす微量成分も存在します。「フードシステム管理学研究室」ではそれら微量成分を迅速・正確に測定するための分析技術の開発など食品の安全性に関する研究も行っています。

農学部

動物科学科

かゆみをともなう皮膚炎を遺伝的に発症するラットを見つけ、モデル動物として開発。その原因遺伝子を突き止め、アトピー性皮膚炎の発症を解明します。

農学部

動物科学科

かゆみをともなう皮膚炎を遺伝的に発症するラットを見つけ、モデル動物として開発。その原因遺伝子を突き止め、アトピー性皮膚炎の発症を解明します。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品アレルギーは、食の安全を考える上で、重要な研究テーマです。そこで、ユニークなナノ粒子を作製し、食物アレルゲンを簡便に感度よく可視化できる検出方法を開発しました。今後、食品検査キットなどへの応用が期待されています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品アレルギーは、食の安全を考える上で、重要な研究テーマです。そこで、ユニークなナノ粒子を作製し、食物アレルゲンを簡便に感度よく可視化できる検出方法を開発しました。今後、食品検査キットなどへの応用が期待されています。

地域環境科学部

森林総合科学科

スギを代表格とする花粉症への対策等も本学科の取り組む社会的な課題です。無花粉スギ品種の開発に繋がるような育種(品種改良)、アレルギー症状の緩和への応用が期待される林産物の成分分析、花粉症に苦しむ人々の意識の把握等について幅広く取り組んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

スギを代表格とする花粉症への対策等も本学科の取り組む社会的な課題です。無花粉スギ品種の開発に繋がるような育種(品種改良)、アレルギー症状の緩和への応用が期待される林産物の成分分析、花粉症に苦しむ人々の意識の把握等について幅広く取り組んでいます。

生命科学部

分子微生物学科

食物や薬剤、花粉、ほこりなど、通常は体に大きな害を与えない物質に対して、生体は過剰な免疫反応を引き起こします。この「アレルギー」と呼ばれる現象について、食品成分や乳酸菌をもちいて症状を緩和・制御することにチャレンジしています。

生命科学部

分子微生物学科

食物や薬剤、花粉、ほこりなど、通常は体に大きな害を与えない物質に対して、生体は過剰な免疫反応を引き起こします。この「アレルギー」と呼ばれる現象について、食品成分や乳酸菌をもちいて症状を緩和・制御することにチャレンジしています。

応用生物学部

農芸化学科

乳酸菌はアレルギーの抑制にも効果が期待されています。元々乳酸菌が持つ機能性に加え、抗アレルギー効果が期待できる物質と組み合わせることで新しいアレルギー抑制方法を提案することを目指しています。

応用生物学部

農芸化学科

乳酸菌はアレルギーの抑制にも効果が期待されています。元々乳酸菌が持つ機能性に加え、抗アレルギー効果が期待できる物質と組み合わせることで新しいアレルギー抑制方法を提案することを目指しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll