アナタが選んだキーワード

「骨」を学べる学科

骨に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、食品や食品素材に含まれる成分の生体内における生理機能発現について、特に骨・脂質代謝を中心に健康増進、疾病予防の観点から検討しています。

応用生物学部

栄養科学科

「栄養生理化学研究室」では、食品や食品素材に含まれる成分の生体内における生理機能発現について、特に骨・脂質代謝を中心に健康増進、疾病予防の観点から検討しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

大豆イソフラボンと難消化性オリゴ糖の併用摂取はカルシウム吸収およびイソフラボン代謝産物エクオールの産生量を増加させ、骨密度低下を抑制するという研究成果があります。そこで骨の細胞を使った実験やヒト試験などにより、大豆イソフラボンの生理機能を研究しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

大豆イソフラボンと難消化性オリゴ糖の併用摂取はカルシウム吸収およびイソフラボン代謝産物エクオールの産生量を増加させ、骨密度低下を抑制するという研究成果があります。そこで骨の細胞を使った実験やヒト試験などにより、大豆イソフラボンの生理機能を研究しています。

生物産業学部

海洋水産学科

「海洋生物学研究室」では、海洋生態系の中の高次捕食者であるアザラシやイルカ・クジラに注目し、野外調査による生態解明、研究室内での骨格観察や遺伝情報による多面的な研究を通して人間活動との共存の在り方を模索しています。

生物産業学部

海洋水産学科

「海洋生物学研究室」では、海洋生態系の中の高次捕食者であるアザラシやイルカ・クジラに注目し、野外調査による生態解明、研究室内での骨格観察や遺伝情報による多面的な研究を通して人間活動との共存の在り方を模索しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll