アナタが選んだキーワード

「発酵」を学べる学科

発酵に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

バイオサイエンス学科

細胞ゲノム生物学研究室では、納豆菌の遺伝子改変技術についての研究も進めており、発酵食品である納豆の機能性を高めるなど、応用利用が期待できます。

生命科学部

バイオサイエンス学科

細胞ゲノム生物学研究室では、納豆菌の遺伝子改変技術についての研究も進めており、発酵食品である納豆の機能性を高めるなど、応用利用が期待できます。

応用生物学部

醸造科学科

酒類や味噌などの醸造・発酵食品は、微生物が持つ発酵の力を利用して作られており、醸造学は微生物のもつ機能を活用して、食品の世界をはじめ、人々に豊かで安全な生活を提供してきたクリエイティブな学問です。

応用生物学部

醸造科学科

酒類や味噌などの醸造・発酵食品は、微生物が持つ発酵の力を利用して作られており、醸造学は微生物のもつ機能を活用して、食品の世界をはじめ、人々に豊かで安全な生活を提供してきたクリエイティブな学問です。

生物産業学部

食香粧化学科

「食の化学研究室」では、ビールやワインの醸造研究から未利用資源の利活用、農畜水産物の最適な加工法まで幅広く研究しています。加えて、食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し、体に良い食品開発を目指して研究しています。

生物産業学部

食香粧化学科

「食の化学研究室」では、ビールやワインの醸造研究から未利用資源の利活用、農畜水産物の最適な加工法まで幅広く研究しています。加えて、食品素材の機能性を腸内細菌活性化の観点から研究し、体に良い食品開発を目指して研究しています。

農学部

デザイン農学科

「鶏卵」を用いた新たな発酵食品の開発に取り組んでいます。畜産物には農作物にはない栄養機能も多く、健康に良い発酵食品の提案を目指しています。

農学部

デザイン農学科

「鶏卵」を用いた新たな発酵食品の開発に取り組んでいます。畜産物には農作物にはない栄養機能も多く、健康に良い発酵食品の提案を目指しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品を発酵させることで、新しい機能性分子が作られることがあり、発酵食品の多い日本食の機能性に発酵が大きく役立っています。そこで乳酸菌や麹菌に着目して、どのような原料でどのような機能性分子を作るのかについて研究しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品を発酵させることで、新しい機能性分子が作られることがあり、発酵食品の多い日本食の機能性に発酵が大きく役立っています。そこで乳酸菌や麹菌に着目して、どのような原料でどのような機能性分子を作るのかについて研究しています。

応用生物学部

農芸化学科

ヨーグルト製造に代表される乳酸菌など、美味しく機能的な食品に変化させる微生物の研究を行う「応用微生物学研究室」や酵母で発酵させるパンなど発酵した食品を研究する「食料資源理化学研究室」などがあります。

応用生物学部

農芸化学科

ヨーグルト製造に代表される乳酸菌など、美味しく機能的な食品に変化させる微生物の研究を行う「応用微生物学研究室」や酵母で発酵させるパンなど発酵した食品を研究する「食料資源理化学研究室」などがあります。

生命科学部

分子微生物学科

乳酸菌は環境中に多種存在し、その多くは動物や植物と何かしらの関係を持っています。分子微生物学科は微生物リソースセンターおよび各研究室で分離した乳酸菌の環境中での役割や各菌株が保持する機能性を調査し、効果的な利用法を考えています。

生命科学部

分子微生物学科

乳酸菌は環境中に多種存在し、その多くは動物や植物と何かしらの関係を持っています。分子微生物学科は微生物リソースセンターおよび各研究室で分離した乳酸菌の環境中での役割や各菌株が保持する機能性を調査し、効果的な利用法を考えています。

生物産業学部

北方圏農学科

発酵とは微生物が有機物を分解する過程です。農業分野では乳酸菌による牧草などの発酵飼料(サイレージ)調製、土壌菌などによる家畜糞などの堆肥(有機肥料)を作ることができます。北方圏農学科の実験や実習では、実際にサイレージ調製実験や堆肥を運用した土作りを行います。

生物産業学部

北方圏農学科

発酵とは微生物が有機物を分解する過程です。農業分野では乳酸菌による牧草などの発酵飼料(サイレージ)調製、土壌菌などによる家畜糞などの堆肥(有機肥料)を作ることができます。北方圏農学科の実験や実習では、実際にサイレージ調製実験や堆肥を運用した土作りを行います。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll