アナタが選んだキーワード

「メタボ」を学べる学科

メタボに関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

農芸化学科

近年、メタボリックシンドローム患数、およびそれに起因する動脈硬化性疾患による死者数は増加の一途をたどっています。「栄養生化学研究室」では、食品機能によって健康寿命を延ばすことを最終目標をして研究を進めています。

応用生物学部

農芸化学科

近年、メタボリックシンドローム患数、およびそれに起因する動脈硬化性疾患による死者数は増加の一途をたどっています。「栄養生化学研究室」では、食品機能によって健康寿命を延ばすことを最終目標をして研究を進めています。

生命科学部

分子微生物学科

微生物は環境に応じて代謝を切り替えることでその環境に適応するような機構を持つものがあります。分子微生物学科では質量分析装置等を駆使し微生物細胞内外の代謝物を解析するメタボローム解析に取り組んでいます。

生命科学部

分子微生物学科

微生物は環境に応じて代謝を切り替えることでその環境に適応するような機構を持つものがあります。分子微生物学科では質量分析装置等を駆使し微生物細胞内外の代謝物を解析するメタボローム解析に取り組んでいます。

応用生物学部

食品安全健康学科

摂取する食事、特に糖質・脂質の質と量が生活習慣病の発生や、深刻さに深く関係すること分かってきました。そこでどのようなメカニズムで糖質・脂質の質と量が生活習慣病に影響するのかを解明し、食事などによる生活習慣病予防法を探ります。

応用生物学部

食品安全健康学科

摂取する食事、特に糖質・脂質の質と量が生活習慣病の発生や、深刻さに深く関係すること分かってきました。そこでどのようなメカニズムで糖質・脂質の質と量が生活習慣病に影響するのかを解明し、食事などによる生活習慣病予防法を探ります。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

応用生物学部

栄養科学科

「食品科学研究室」では、細胞や動物を用いて、食品や食品成分のメタボリックシンドロームや腸管に対する影響を解析し、それらの作用メカニズムや標的因子を明らかにすると同時に、新規の疾病予防・改善案の提唱や新たな生理作用の探索も行っていきます。

応用生物学部

栄養科学科

「食品科学研究室」では、細胞や動物を用いて、食品や食品成分のメタボリックシンドロームや腸管に対する影響を解析し、それらの作用メカニズムや標的因子を明らかにすると同時に、新規の疾病予防・改善案の提唱や新たな生理作用の探索も行っていきます。

農学部

動物科学科

世界の先進国では肥満やメタボリックシンドロームの人が増え続け、これらは妊娠にも悪影響を及ぼします。例えば、妊婦さんの肥満は子供の将来のメタボリックシンドロームの発症リスクを増加させてしまいます。この原因や機序、そして改善方法を探索する研究を実施しています。

農学部

動物科学科

世界の先進国では肥満やメタボリックシンドロームの人が増え続け、これらは妊娠にも悪影響を及ぼします。例えば、妊婦さんの肥満は子供の将来のメタボリックシンドロームの発症リスクを増加させてしまいます。この原因や機序、そして改善方法を探索する研究を実施しています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll