アナタが選んだキーワード

「リサイクル」を学べる学科

リサイクルに関する研究をしている学科はこちら

地域環境科学部

森林総合科学科

建築廃材などを活かした新たな資材の開発や紙資源のリサイクル、従来は廃棄されていた有機資材をきのこの栽培培地として利用する等、幅広く教育と研究とに取り込んでいます。

地域環境科学部

森林総合科学科

建築廃材などを活かした新たな資材の開発や紙資源のリサイクル、従来は廃棄されていた有機資材をきのこの栽培培地として利用する等、幅広く教育と研究とに取り込んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

規格外の野菜の処理は、農産地の悩み。栄養はあるのに、捨てるのはもったいない。家畜のエサとしての活用、しかも発酵を利用してもっと栄養価を高め消化も良く、動物も喜んで食べてくれる飼料作りを研究しています。

生物産業学部

北方圏農学科

規格外の野菜の処理は、農産地の悩み。栄養はあるのに、捨てるのはもったいない。家畜のエサとしての活用、しかも発酵を利用してもっと栄養価を高め消化も良く、動物も喜んで食べてくれる飼料作りを研究しています。

農学部

デザイン農学科

リサイクルに代表されるような物質循環は,地球環境を守る上で重要です。そのためには全ての人が「暮らし方」を持続可能なものにかえていく必要があります。そこで注目されるのがESDという教育です。将来起こりうる問題に対処するため、今から行動する必要性を述べています。

農学部

デザイン農学科

リサイクルに代表されるような物質循環は,地球環境を守る上で重要です。そのためには全ての人が「暮らし方」を持続可能なものにかえていく必要があります。そこで注目されるのがESDという教育です。将来起こりうる問題に対処するため、今から行動する必要性を述べています。

応用生物学部

醸造科学科

「醸造環境科学研究室」は微生物の働きにより、分子レベルまで分解し、最終的には二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく「生分解プラスチック」の生産と分解技術の開発にも取り組んでいます。

応用生物学部

醸造科学科

「醸造環境科学研究室」は微生物の働きにより、分子レベルまで分解し、最終的には二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく「生分解プラスチック」の生産と分解技術の開発にも取り組んでいます。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「食料経済研究室」では、資源問題(3R.リユース・リデュース・リサイクル)、流通問題についてのシミュレーションとゲーミングなど、持続可能な食品産業をデザインするために経済・環境・社会の視点から様々なアプローチで研究を行っています。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 

「食料経済研究室」では、資源問題(3R.リユース・リデュース・リサイクル)、流通問題についてのシミュレーションとゲーミングなど、持続可能な食品産業をデザインするために経済・環境・社会の視点から様々なアプローチで研究を行っています。

地域環境科学部

造園科学科

アジア4都市を対象に気候変動時代に適応したグリーンインフラの実態と枠組みを解明するプロジェクト研究を行っており、SDGsにおける「11.住み続けられるまちづくり」,「13.気候変動に具体的な対策を」に直結しています。

地域環境科学部

造園科学科

アジア4都市を対象に気候変動時代に適応したグリーンインフラの実態と枠組みを解明するプロジェクト研究を行っており、SDGsにおける「11.住み続けられるまちづくり」,「13.気候変動に具体的な対策を」に直結しています。

生命科学部

分子生命化学科

タンパク質や多糖などの生物が体内で合成するバイオポリマーは、自然界では微生物の働きで分解され、新たなバイオポリマーを生み出す資源として再利用されます。「生命高分子化学研究室」では、バイオポリマーについて探求し、医療や環境で役立つものへの応用展開を進めています。

生命科学部

分子生命化学科

タンパク質や多糖などの生物が体内で合成するバイオポリマーは、自然界では微生物の働きで分解され、新たなバイオポリマーを生み出す資源として再利用されます。「生命高分子化学研究室」では、バイオポリマーについて探求し、医療や環境で役立つものへの応用展開を進めています。

地域環境科学部

生産環境工学科

「エコ・テクで生物生産を支援する」をテーマに、農業土木と農業機械の技術を応用し省資源、省エネルギーおよびリサイクル技術などを導入し自然と共生する循環型社会を創造し地球規模の環境保全を実現するための新しい試みを展開できる教育・研究を実施しています。

地域環境科学部

生産環境工学科

「エコ・テクで生物生産を支援する」をテーマに、農業土木と農業機械の技術を応用し省資源、省エネルギーおよびリサイクル技術などを導入し自然と共生する循環型社会を創造し地球規模の環境保全を実現するための新しい試みを展開できる教育・研究を実施しています。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、さまざまな産業から排出される未利用資源の適切なリサイクルに関しての研究に取り組み、環境保全の観点から農産物の増産および品質向上に取り組んでいます。

応用生物学部

農芸化学科

「土壌肥料学研究室」では、さまざまな産業から排出される未利用資源の適切なリサイクルに関しての研究に取り組み、環境保全の観点から農産物の増産および品質向上に取り組んでいます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll