アナタが選んだキーワード

「栄養」を学べる学科

栄養に関する研究をしている学科はこちら

農学部

デザイン農学科

乳・肉・卵に含まれる成分の化学・物理的な性質や栄養・生理的な機能を品種、個体、分子レベルで研究するなど、食品の栄養について学ぶ機会が多くあります。

農学部

デザイン農学科

乳・肉・卵に含まれる成分の化学・物理的な性質や栄養・生理的な機能を品種、個体、分子レベルで研究するなど、食品の栄養について学ぶ機会が多くあります。

応用生物学部

栄養科学科

栄養科学科は所定のカリキュラムを修了すれば卒業時に管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。カリキュラムは管理栄養士養成のための厚生労働省の指定科目が多くを占めますが、食と農をつなぐカリキュラムが東京農大独自の管理栄養士を養成します。

応用生物学部

栄養科学科

栄養科学科は所定のカリキュラムを修了すれば卒業時に管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。カリキュラムは管理栄養士養成のための厚生労働省の指定科目が多くを占めますが、食と農をつなぐカリキュラムが東京農大独自の管理栄養士を養成します。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品には、一次(栄養素)、二次(味覚)、三次(生体調節)機能があります。講義「食品機能学」では、機能性食品と歴史と制度化、特に三次機能の中核をなすトクホと2015年に誕生した機能性表示食品の種類と生理活性成分が私たちの健康にどのように役立つのか学びます。

応用生物学部

食品安全健康学科

食品には、一次(栄養素)、二次(味覚)、三次(生体調節)機能があります。講義「食品機能学」では、機能性食品と歴史と制度化、特に三次機能の中核をなすトクホと2015年に誕生した機能性表示食品の種類と生理活性成分が私たちの健康にどのように役立つのか学びます。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにします。

生命科学部

バイオサイエンス学科

「植物分子育種学研究室」では、栄養吸収や植物のかたちづくり等、作物の育成に関わる遺伝子群やその生理機能を分子生物学的手法によって明らかにします。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食環境科学研究室」では、フードロスなどの食品に関する様々な問題を解決ために、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管から実験動物レベルまでの複合的な手法を用いて取組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

「食環境科学研究室」では、フードロスなどの食品に関する様々な問題を解決ために、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管から実験動物レベルまでの複合的な手法を用いて取組んでいます。

生物産業学部

北方圏農学科

「家畜生産管理学研究室」では、牧草や未利用資源などを使用した栄養価が高く家畜が好む自給飼料を生産するための研究などを行っています。

生物産業学部

北方圏農学科

「家畜生産管理学研究室」では、牧草や未利用資源などを使用した栄養価が高く家畜が好む自給飼料を生産するための研究などを行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「美味しさの見える化」を特別なセンサーを用いて行ったり、「食品や化粧品に関する成分が製品や我々の体にどんな影響を与えるのか」を明らかにしたりなど、「美味しさ」や「美しさ」を分子レベルで解明する研究を行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「美味しさの見える化」を特別なセンサーを用いて行ったり、「食品や化粧品に関する成分が製品や我々の体にどんな影響を与えるのか」を明らかにしたりなど、「美味しさ」や「美しさ」を分子レベルで解明する研究を行っています。

農学部

動物科学科

「動物栄養学研究室」では、動物の生理的恒常性を維持するために必要な栄養素やその消化、吸収、代謝について基礎栄養科学的手法から分子生物学的手法や新しい分析手法を用いた幅広い研究を行っています。

農学部

動物科学科

「動物栄養学研究室」では、動物の生理的恒常性を維持するために必要な栄養素やその消化、吸収、代謝について基礎栄養科学的手法から分子生物学的手法や新しい分析手法を用いた幅広い研究を行っています。

応用生物学部

農芸化学科

食品機能と生体制御機構の解明から人の健康を複合的に探究する「栄養生化学研究室」や、豊かな土壌について研究する「土壌肥料学研究室」、塩害などの環境ストレスに対応する生産性の高い植物の育成技術を開発する「植物生産化学研究室」などの研究室があります。

応用生物学部

農芸化学科

食品機能と生体制御機構の解明から人の健康を複合的に探究する「栄養生化学研究室」や、豊かな土壌について研究する「土壌肥料学研究室」、塩害などの環境ストレスに対応する生産性の高い植物の育成技術を開発する「植物生産化学研究室」などの研究室があります。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll