アナタが選んだキーワード

「お酒」を学べる学科

お酒に関する研究をしている学科はこちら

応用生物学部

農芸化学科

3年次開講の「応用微生物学」では、日本及び世界のお酒について、製造方法や特徴を学ぶことができます。

応用生物学部

農芸化学科

3年次開講の「応用微生物学」では、日本及び世界のお酒について、製造方法や特徴を学ぶことができます。

応用生物学部

醸造科学科

それぞれの酵母に適した醸造条件や新規酵母の探索、AIを用いた酒類成分の評価・解析、新規酒類の開発、「醸造科学特別実習」などの実践学習など、酒類に関する幅広い研究と応用を行っています。

応用生物学部

醸造科学科

それぞれの酵母に適した醸造条件や新規酵母の探索、AIを用いた酒類成分の評価・解析、新規酒類の開発、「醸造科学特別実習」などの実践学習など、酒類に関する幅広い研究と応用を行っています。

生物産業学部

食香粧化学科

「食の化学研究室」では、ビールやワインの醸造研究から未利用資源の利活用、農畜水産物の最適な加工法まで幅広く研究しています。また、「学生ビール」などユニークプロジェクトもあり、1年次から多様なスキルを身につけられます。

生物産業学部

食香粧化学科

「食の化学研究室」では、ビールやワインの醸造研究から未利用資源の利活用、農畜水産物の最適な加工法まで幅広く研究しています。また、「学生ビール」などユニークプロジェクトもあり、1年次から多様なスキルを身につけられます。

地域環境科学部

森林総合科学科

豊かで清浄な水が芳醇なお酒を醸します。森林の存在が、そうした水を涵養し、お酒を仕込む樽の原料となる木材を供給します。酒造を支える森林という観点から民俗学や歴史学の手法を活用した研究が可能です。

地域環境科学部

森林総合科学科

豊かで清浄な水が芳醇なお酒を醸します。森林の存在が、そうした水を涵養し、お酒を仕込む樽の原料となる木材を供給します。酒造を支える森林という観点から民俗学や歴史学の手法を活用した研究が可能です。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll