アナタが選んだキーワード

「動物」を学べる学科

動物に関する研究をしている学科はこちら

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学とは、化学の視点から生命・生態系を追及する学問です。講義では化学とその根底にある数学や物理をバランスよく学ぶことではじめて理系の基礎が完成し、生命・生態系のより高度な理解につなげることができます。

生命科学部

分子生命化学科

分子生命化学とは、化学の視点から生命・生態系を追及する学問です。講義では化学とその根底にある数学や物理をバランスよく学ぶことではじめて理系の基礎が完成し、生命・生態系のより高度な理解につなげることができます。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして哺乳動物や野鳥をあげることができます。それらが、森林の成立や維持にどのように関わるものであるのかを見つめます。農山村住民にとってどのような存在であるのかを探り、鳥獣による被害と保全の両立の途を考えることも重要な研究課題です。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして哺乳動物や野鳥をあげることができます。それらが、森林の成立や維持にどのように関わるものであるのかを見つめます。農山村住民にとってどのような存在であるのかを探り、鳥獣による被害と保全の両立の途を考えることも重要な研究課題です。

農学部

動物科学科

動物科学科では、今後も「生命・制御分野」「機能・生産分野」の二つの領域を横断した教育研究を通じて、より深く生命に対する倫理観を養い、動物への理解と確かな技術を兼ね備えた「動物のプロフェッショナル」を養成します。

農学部

動物科学科

動物科学科では、今後も「生命・制御分野」「機能・生産分野」の二つの領域を横断した教育研究を通じて、より深く生命に対する倫理観を養い、動物への理解と確かな技術を兼ね備えた「動物のプロフェッショナル」を養成します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「動物分野」では脳疾患や記憶などの脳高次機能の分子メカニズムに関する脳科学研究と哺乳類の個体発生に必要な生殖細胞形成や胚発生のメカニズムについて研究します。

生命科学部

バイオサイエンス学科

研究分野は「植物」「動物」「細胞分子機能」の3 分野で構成され、うち「動物分野」では脳疾患や記憶などの脳高次機能の分子メカニズムに関する脳科学研究と哺乳類の個体発生に必要な生殖細胞形成や胚発生のメカニズムについて研究します。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

作物を栽培する圃場とその周辺環境には、微生物や昆虫、大型野生動物まで様々な生物が生息しています。「熱帯作物保護学研究室」では、生物的な阻害因子から作物を保護し、圃場を取り巻く生態系を持続的に保護することを目的に研究をしています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

作物を栽培する圃場とその周辺環境には、微生物や昆虫、大型野生動物まで様々な生物が生息しています。「熱帯作物保護学研究室」では、生物的な阻害因子から作物を保護し、圃場を取り巻く生態系を持続的に保護することを目的に研究をしています。

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

農学部

デザイン農学科

シルクの原料として知られる蚕の繭を石鹸・化粧水に活用したり、ペットの飼育やホースセラピーで心理的・身体的な効果を得たりなど、デザイン農学科は生き物や食が持つ潜在能力に着目し、持続可能な社会をデザインしていく学科です。

農学部

デザイン農学科

シルクの原料として知られる蚕の繭を石鹸・化粧水に活用したり、ペットの飼育やホースセラピーで心理的・身体的な効果を得たりなど、デザイン農学科は生き物や食が持つ潜在能力に着目し、持続可能な社会をデザインしていく学科です。

生命科学部

分子微生物学科

動物体内には多様な微生物が棲息し、宿主に様々な影響を及ぼします。それら微生物の作用の仕組みを解明することは、感染症の治療薬や、健康を維持・促進するプロバイオティクスの開発等に繋がると期待されます。我々は研究を通して広く人々の健康に寄与することを目指しています。

生命科学部

分子微生物学科

動物体内には多様な微生物が棲息し、宿主に様々な影響を及ぼします。それら微生物の作用の仕組みを解明することは、感染症の治療薬や、健康を維持・促進するプロバイオティクスの開発等に繋がると期待されます。我々は研究を通して広く人々の健康に寄与することを目指しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「地域創成総合実習」では、地域創成フィールド実習や測量実習を通して学んだ技術を基礎として、地形・地質や動植物相などを含む自然環境や社会環境に立脚した地域の特性や地域資源を理解し、地域特有の課題を解決するための調査・分析手法を習得します。

地域環境科学部

地域創成科学科

講義「地域創成総合実習」では、地域創成フィールド実習や測量実習を通して学んだ技術を基礎として、地形・地質や動植物相などを含む自然環境や社会環境に立脚した地域の特性や地域資源を理解し、地域特有の課題を解決するための調査・分析手法を習得します。

生物産業学部

北方圏農学科

マウスなどの実験動物や、家禽やウマ、千羽を超えるエミューなどの家畜を飼育しており、これらを用いた研究のほか、エゾシカの家畜化や有効活用、多様な自然環境に生息する野鳥の生態など野生動物を対象とした、基礎から応用まで幅広い研究を展開しています。

生物産業学部

北方圏農学科

マウスなどの実験動物や、家禽やウマ、千羽を超えるエミューなどの家畜を飼育しており、これらを用いた研究のほか、エゾシカの家畜化や有効活用、多様な自然環境に生息する野鳥の生態など野生動物を対象とした、基礎から応用まで幅広い研究を展開しています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「食品安全評価学研究室」では、培養細胞などを用いた動物実験代替法の開発を進め、できるだけ動物実験をしなくても化学物質の安全な研究・開発ができるよう、動物福祉に貢献する研究を行っています。

応用生物学部

食品安全健康学科

「食品安全評価学研究室」では、培養細胞などを用いた動物実験代替法の開発を進め、できるだけ動物実験をしなくても化学物質の安全な研究・開発ができるよう、動物福祉に貢献する研究を行っています。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

国際食料情報学部

国際食農科学科

食品に関する様々な問題を解決することを目的とし、一部に発酵や超高圧処理などの食品加工学的手法を取り入れながら食品中の栄養素や加工時に生成した成分の機能性解析を試験管・培養細胞・実験動物レベルまでの複合的な実験技法を用いて取り組んでいます。

生物産業学部

海洋水産学科

海洋水産学科では、サケやアザラシなど脊椎動物だけでなくエビやホタテなど無脊椎動物の謎とオホーツクの豊かさの神秘を解き明かす研究を行っています。野外実習では、可愛いだけでは済まないアザラシの生態やサケの人工授精など、人間と野生動物との関わりを意識して学びます。

生物産業学部

海洋水産学科

海洋水産学科では、サケやアザラシなど脊椎動物だけでなくエビやホタテなど無脊椎動物の謎とオホーツクの豊かさの神秘を解き明かす研究を行っています。野外実習では、可愛いだけでは済まないアザラシの生態やサケの人工授精など、人間と野生動物との関わりを意識して学びます。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll