アナタが選んだキーワード

「昆虫」を学べる学科

昆虫に関する研究をしている学科はこちら

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

農学部

生物資源開発学科

「生物多様性」をキーワードに、生き物や自然に関する幅広い学びに触れられる学科です。特徴は、「植物」「動物」「昆虫」という3 分野を1 学科で学べることです。

生命科学部

分子微生物学科

昆虫には未だ発見された事が無い珍しい微生物が眠っています。国立公園の花や花を訪れる訪花昆虫の研究を進めた結果、未知の嫌気微生物の生態系が発見されました。訪花昆虫の減少が社会問題になっており、微生物学の立場から生態系の保全に役立つ研究を目指しています。

生命科学部

分子微生物学科

昆虫には未だ発見された事が無い珍しい微生物が眠っています。国立公園の花や花を訪れる訪花昆虫の研究を進めた結果、未知の嫌気微生物の生態系が発見されました。訪花昆虫の減少が社会問題になっており、微生物学の立場から生態系の保全に役立つ研究を目指しています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物保護学研究室」は、菌類などの微生物や昆虫をふくむ節足動物、大型野生動物など多種多様な生物など、作物を害から保護しながら、圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的とし、野外と実験室にまたがる活動をとおして日々研究を行っています。

国際食料情報学部

国際農業開発学科

「熱帯作物保護学研究室」は、菌類などの微生物や昆虫をふくむ節足動物、大型野生動物など多種多様な生物など、作物を害から保護しながら、圃場を取り巻く生態系を持続的に保全することを目的とし、野外と実験室にまたがる活動をとおして日々研究を行っています。

生命科学部

分子生命化学科

「天然物化学研究室」では、研究の一つとして生物間化学交信の担い手である昆虫フェロモンの化学構造解析とその受容メカニズムの解明に取り組んでいます。

生命科学部

分子生命化学科

「天然物化学研究室」では、研究の一つとして生物間化学交信の担い手である昆虫フェロモンの化学構造解析とその受容メカニズムの解明に取り組んでいます。

地域環境科学部

生産環境工学科

昆虫の自動認識に成功し、食品ロスを餌にした学習型昆虫工場を開発し、大量生産したタンパク質を食品3Dプリンターで新食品にすることを目指しています。

地域環境科学部

生産環境工学科

昆虫の自動認識に成功し、食品ロスを餌にした学習型昆虫工場を開発し、大量生産したタンパク質を食品3Dプリンターで新食品にすることを目指しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

「地域環境保全学研究室」では、植物・植生、動物、昆虫などの生物の野外調査と地域空間情報技術を用いた環境解析によって、地域の生物群集や土地利用の空間配列パターンを包括的に捉え、それらの形成プロセスと機能的つながりを探求しています。

地域環境科学部

地域創成科学科

「地域環境保全学研究室」では、植物・植生、動物、昆虫などの生物の野外調査と地域空間情報技術を用いた環境解析によって、地域の生物群集や土地利用の空間配列パターンを包括的に捉え、それらの形成プロセスと機能的つながりを探求しています。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして昆虫をあげることができます。森林の成立や維持に昆虫がどのように関わるものであるのかを見つめます。また、松食い虫被害やナラ枯れ病のように、森林に負の影響を与える昆虫のコントロールも重要な研究課題です。

地域環境科学部

森林総合科学科

森林を構成する重要な要素の一つとして昆虫をあげることができます。森林の成立や維持に昆虫がどのように関わるものであるのかを見つめます。また、松食い虫被害やナラ枯れ病のように、森林に負の影響を与える昆虫のコントロールも重要な研究課題です。

農学部

デザイン農学科

タマムシの発色構造をまねた塗料のいらない発色方法の開発や、昆虫の触覚を利用した「匂いセンサ」による危機管理方法の研究、機能性に優れた「昆虫調味料」の開発など、昆虫に関する研究を多く行っています。

農学部

デザイン農学科

タマムシの発色構造をまねた塗料のいらない発色方法の開発や、昆虫の触覚を利用した「匂いセンサ」による危機管理方法の研究、機能性に優れた「昆虫調味料」の開発など、昆虫に関する研究を多く行っています。

Twitter
Facebook
LINE
Instagram
scroll